2012年07月01日

鑑賞メダカ2012展示会in千葉行ってきました(追記あり)

先日のエントリでもちょっと紹介しました
『鑑賞メダカ展示会』(日本メダカ協会 千葉・鑑賞メダカ愛好会支部http://kanshoumedaka.blog.fc2.com/主催)
行って来ました。

2年前にも見て来まして,今飼っているメダカの親世代を入手してきたんですが
今回の開催を知った地域新聞での告知でも年々盛り上がってきていると
書かれているように,会場が少し立派になって
午前中からにぎわってました。
120701 メダカ展示会01.JPG

前に来たときは,閉会ぎりぎりまで粘って,即売のメダカの
残ってるのが安くなるのを狙ったりしたものでしたが
(前に行ったときの話はこちら。
今回は午後に雨が降るという予報で早く来たのですが
それで正解だった感じですね。

即売の鑑賞メダカは最初からペット容器に入れられていて
並べられた先からお買い上げ状態。
展示のメダカも半分が非売で半分が販売可という状態でしたけど
朝9時からの開場後1時間程度の時点で
かなりのものが売約済みになってました。
裏の飼育水槽からちょくちょく補充されてましたけど
まあこりゃ最後の投売りするほど補充する暇もなさそうなくらい
来場者のお相手でTシャツの皆さん忙しそうでした。

今日の展示会には私,今飼ってるメンバーに新しい血を入れられないかという目的もあって
来たわけですが,販売のメダカたちは1セット(2匹のものもあれば
10匹以上のものも)2千円くらいからというもので
今の私には…もうちょっと自前のでやってこうかな。

と,いうわけで,来場者アンケートに答えた人には
100円で参加できるというメダカすくい,させてもらってきました。
(すくえなくても3匹もらえ,たくさんすくった人は5匹までもらえる)

その結果は…


1匹だけでした orz
120701 メダカすくった.JPG
白っぽいやつね。テントの下で青い容器の中のこいつを見るとけっこうきれいなんです。

小学生のころは20匹とかすくったこともあるんですけどねー。
うまくすくうノウハウはばっちり頭に入ってるんですけど
狙いのメダカを射程にいれつつうまいことポイを浅いところまでもってきたのに
いざというときに手が震えて逃げられたりとか
あげくの果ては,いざ最後の一歩でポイを真上に上げてしまって水ごとすくって一発アウトとか。
ここまで自分の手が思い通りに動かないなんてショックでしたよ(;^_^)
(つか,脳の動きがさびついてんだよなぁ…)

おまけでもらった2匹,うちオレンジのほうは尾びれの上下が赤っぽいので
琥珀が入ってるかな?
3匹とも今いる仲間たちと同じように大事に育てていきます(^_^)
(交配する上ではいい形質を維持するにはちゃんと選別していかないといけないんで
 どれも同等にってのは,集団の鑑賞レベルを下げていくことになっちゃうんですけどね)

あとは,今年もカタログと,卵回収のやつと水草買って帰りました。

会場時間は16時までということなんで
もうそろそろですね。
幸い雨に降られずに終われそうでよかったですね。
また来年以降もよい会を♪


【追記】展示紹介されていた鑑賞メダカ
120701 楊貴妃ヒカリ.JPG楊貴妃ヒカリ
120701 シルバーヒカリ.JPGシルバーヒカリ
120701 スバル系ラメ.JPG昴系ラメ
120701 幹之ダルマ.JPG幹之(みゆき)ダルマ
120701 螺鈿光.JPG螺鈿光(らでんこう)

幹之もあいかわらず完全なやつは見事だけど
螺鈿光,すごいなぁ…微妙に色合いの違う何匹かを一緒に泳がせると壮観ですね。
私は水槽で飼っていないので琥珀やヒカリなどの横から見て映える品種は
飼っていてもちょっと損してる感じがします(;^_^)

でも,ラメの入ってるやつ,いいなぁ…
私,光り物が好きみたいですね。

赤やオレンジの系統ってあまりどう違うのかわからなくて
特に楊貴妃とかとても赤くなるけど
小さいうちは逆にヒメダカより色が薄かったりとか
自分で見てもわからない,血統の裏づけがないとそれとわからない
感があるのが微妙に苦手感をもってしまいますね。

今いるオレンジヒカリの集団は順調に増えてくれていますんで
リアルに存在する個体たちは好きなんですけどね(^_^)

120701 三色.JPG三色
120701 パンダ.JPGパンダ
120701 琥珀ヒカリ.JPG琥珀ヒカリ
120701 透明鱗.JPG

自分の飼っているオレンジヒカリなどにうっすら黒い斑のはいっているやつがでてきて
私の中では2軍的扱いだったんですけど(なんか年取ってくたびれた個体に
出ている印象もあったので),斑という品種(形質)というのがあるだけでなく
これを極めれば「錦」や「三色」というりっぱな品種にもなるんですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メダカの飼い方と増やし方がわかる本
日東書院本社
posted by ドージマ・ダイスケ at 15:24| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドージマさん、おはようございます。
昨日はご来場ありがとうございました。

ブログ記事もupしていただきありがとうございます。
来場された方にこのようにクローズアップしていただけると本当に当展示会が浸透してきたのかな〜と実感するところであります。

課題が山ほどある当愛好会の展示会ですが、会員全員で力を合わせて前進すべく頑張りますので今後も応援よろしくお願いいたします。

幹之の進化は目覚しいものがあります。
そして、透明鱗の進化も三色が一般的な愛好家の水槽からも出るようになりました。
ラメと螺鈿光は自分が出品したメダカでしたがラメの固定化も進んでおります。
来年にはまた進化したメダカを展示できるのではないかと妄想だけ膨らませて邁進します。

長くなってしまいましたが、ご来場&ブログに掲載していただき、ありがとうございました。

Posted by こじ@観賞メダカ愛好会 at 2012年07月02日 08:22
連投すみません。

○観賞メダカ愛好会
×鑑賞メダカ愛好会

トラックバックしていただいた前記事のときにコメしようと思ってて忘れてました。
次回からで良いのでよろしくお願いします。
Posted by こじ at 2012年07月02日 08:26
ご来訪とコメントありがとうございます。
イベント本当におつかれさまでした。

観賞メダカの進化は本当に目覚しいですね。
今後ますますのご発展を願っています
Posted by ドージマ at 2012年07月03日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人