2012年06月25日

【グロ注意】クモがGじゃないもの食っているin京都

先週,京都帰ってました\(^o^)/。

120724 京都水族館イルカ.JPG
前回京都帰った頃に開業した京都水族館。
規模的には(海から遠く商圏規模的にも巨大ではない)京都ならこんなもんかなという
感じでしたが,やはり新しい水族館は展示生物を身近に感じさせる
見せ方がすばらしいですね。アザラシやペンギンがとても近くて愛らしく
オオサンショウウオやクラゲ,大水槽など来ている人は年齢関係なくワーキャーものでした。
うちの子は「エイがエイを食ってる」シーンが衝撃だったみたいです
(私はそれ,見逃した…残念)。


先日当ブログで紹介した日本野鳥の会の
「消えゆくツバメを守ろうキャンペーン」
「ツバメ小冊子『消えゆくツバメ』無償配布キャンペーン」
http://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/booklet.html
に応募しましたら,『消えゆくツバメ』と『Toriino』が届きまして
120724 日本野鳥の会ツバメ.JPG
1口1000円の寄付をしたらツバメのピンバッヂがもらえるとのこと。
寄付しようかなと思っている今日この頃なのですが

京都に関してはツバメは心配ないなと,帰ったとき思いました。
うちの地元,めっちゃツバメ飛んでまして。
ここ十年〜数年で田んぼだった一帯がごっそり宅地に変わってしまったのですが
まだまだけっこう田んぼが多く残っているのと,その新しくできた住宅が
巣をかける格好の場所になってる格好ですね。
(冊子の写真うpするよりツバメの写真を上げろといいたくなるところですね。写真ないものですみません(;^_^))





さて本題。【グロ注意】



____
当ブログでは3月末に紹介しました漫画
『害虫女子コスモポリタン』
おかげさまでUp以降,この記事からのリンクで2冊ほど購入があったようで,売り上げに少し貢献できたようで嬉しいです。本屋さんで注文するのも第2巻にはより効果があると思われますのでぜひご購入を。
このとき書いていなかったのですが(書いたような気がしてたのですが紹介エントリを読み返してみたら内容についてすごく大雑把にしか書いてなかったw),この漫画で1つ違和感を感じた点がありまして。
主人公であるクロゴキブリ(作中で登場する虫キャラは種名でしか呼ばれない)の天敵であるアシダカグモは巨大な幼児のように描かれていますが
このイメージは違うんじゃないかと思うんです。
めっちゃ足が長くて,だから擬人化するなら等身はかなり大きくなりますし
作中でも描かれているようにゴキをえさにするくらいですから
めっちゃすばしっこいんです。

120724 アシダカグモ00.JPG
そう,こんな感じ…


ん?


何か食ってる。



※【グロ注意】



120724 アシダカグモ01eatsI.JPG
ゴキどころじゃねぇ!
ヤモリ食ってる!



うわぁ…



120724 アシダカグモ02eatsI.JPG
心臓のあたり?がっちりくわえ込んで
これは体液吸い放題ですね…

アシダカグモの大きさがおわかりいただけたでしょうか?
これが図鑑などに記載される体長では30mmレベル,
足を広げた大きさは10センチくらいといったところですね。
そんな数字よりずっと大きく感じられる
こんな巨大なクモが日本には普通に家の中とかにいるんですよね。


そして



向かって右側から見てみるとさらにホラーでしt
【グロ注意】




120724 アシダカグモ03eatsI.JPG
のどぶえバッサリ食いちぎられてます。
まさに狩猟者。かつバンパイア。




アシダカグモを知らなかったあなた,
どのようなものかおわかりいただけただろうか。



ちなみにこの光景をともに目撃したうちの子,
その場でデジカメの画像を拡大して一言


「目がかわいい」


120724 アシダカグモ_目.JPG

まあ,そうかな…


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日本のクモ (ネイチャーガイド)
文一総合出版

posted by ドージマ・ダイスケ at 04:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人