2012年02月25日

news◇金歯のシカ,Y染色体は消滅しない など

2月も後半。半年続いた大仕事も山を越し,
ようやく漫画の原稿にも本腰を入れられるぞと。
…いいつつも,このブログの中だけでも
積み残した宿題が多いなぁ…

受験シーズンも佳境な一方,新学期を前に
新課程対応の参考書が出始めていますね。
去年出た中経の『日本一詳しい 大学入試完全網羅 生物I・IIのすべて』の
レビューもまだだというのに…(>_<)
まあ,チャート式もマイベストも出たのは知ってるのですが
まだ近所の店頭には並んでいないので
(ネット書店でも全然仕入れていないようですね)
なんとか春休みまでに書こうかなという感じですかね。

先日モニターの本を送っていただきました
『ハカセといふ生物』の感想もUpに向け
早急にアップしつつ,
とりあえず今回も生き物・サイエンス関連のニュースを。


ペンびっくり金歯?のシカ 浜松市中区の北村さん、仕留める
(静岡新聞 2012年2月18日)


ペンただのフルーツではなかった! 世界中の病院を救うかもしれないアボカドの成分とは?
(Pouch 2012年2月25日)
黄色ブドウ球菌が抗生物質耐性を獲得するしくみを抑えるそうです。


ペンホルモン:病気に強い男ほどもてる…ラトビアで調査
(毎日jp 2012年2月25日)
免疫が強いほど男性ホルモンも強く,男らしい顔立ちになって
女性の支持率が高いんですって。日本では必ずしもあてはまらないようですが。



ペン「男性絶滅説は誤り」、Y染色体研究で新論文 ネイチャー誌
(AFPBB 2012年2月23日)
Y染色体が縮小し続けていていつか消滅してしまうという説を
そもそも知らなかったです(;^_^)


ペン3万年前のナデシコ、種から開花に成功
(ナショナルジオグラフィック 2012年2月22日)
何千年も前の種子が発芽というとハスのような丈夫な種皮をもった
大きな種子を想像しますが,ナデシコ科(スガワラビランジ)で3万年ってすごいですね…
シベリアの永久凍土に残されていた種子,成熟種子は
リスによって発芽しないよう傷つけられていたとのことで
組織培養で開花までこぎつけたようですね。


ペンUAEで発見、最古のゾウ足跡
(ナショナルジオグラフィック 2012年2月24日)
アフリカゾウとほぼ同じ大きさで牙が2対ある
ステゴテトラベロドンの足跡…とはまだ断定できないそうですが
ほぼ妥当な線とのこと。群れでの行動や離れ雄の存在など
生態的な情報が足跡化石からは得られます。


ペン味がすべてを語る:カエルを舐める科学者
(ナショナルジオグラフィック 2008年2月29日)
アーカイブからの発掘記事(これまで未翻訳だったのかな?)。
カエルの毒が食物に由来するのか,そのしくみを探るために,
持ち帰って分析する前にまず味を確かめてみたいんですって。
今は彼女も32歳か…



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)興味深い,参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本Y染色体からみた日本人 (岩波科学ライブラリー)
中堀豊
岩波書店
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人