2012年02月06日

news column◇勝手に眠る脳細胞

4年ぶりの寒さですか〜。
先々週に降った雪が,丸々2週間たってようやく日陰でも全部なくなるくらい
寒いですね。あれだけアイスバーンが残り続けるって,あの地面は
ずっと約0℃ってことですからね〜。

さて今回は,更新頻度がいまいちなんで
ちょっと足が遠のいていたJABION,久々に覗いてみたら
コラムがまさに自分のために書かれたようなお話。


勝手に眠る脳細胞
http://www.bioportal.jp/ja/Column/2012/01/post_59.html

眠っているときだけじゃなくて,覚醒時でも
脳の神経細胞の一部は時々勝手に居眠りしてる…

うーむ。
肺呼吸をしているために定期的に浮上しなくてはならないクジラや
休む場所のない海上を飛んでいる渡り鳥では
右脳領域と左脳領域とが交互に睡眠するそうですが,
人間の脳でも,起きている間に一部の神経細胞は眠っていて,
疲れて寝不足状態になると,その寝ている割合が増していくと。

俺,睡眠時間が4時間くらいでも平気なときあるけど
一方で,日中に覚醒度合いが低くて「ナルコかよ!」って,困ったりとか。
健全・模範的な生活してる人と比べたら睡眠障害に分類されるような
状態なのかもしれないです(;^_^)
これが,長く寝ればすっきりするって決まったわけでもないのがねぇ

ハイテンションでノリに乗ってるときとか,
躁状態とか,覚醒剤を使ったときとかは
この起きている神経細胞の割合が100%近くに上がるんでしょうねぇ。
そうやって力業的に脳力を引き上げても,
個々の神経細胞が起きていられる時間はそんな上がったりしないでしょうから,
反動で覚醒ゼロ近くまで落ち込む時間帯は避けられないんでしょうね。
天才と呼ばれる人は,この“起きている”レベルが高く,
その状態がうまく嵌ったりするんでしょうかね。

なんか,私の毎日の生活,眠くないときには
寝ると損,長いこと起きていられると儲けた
みたいな考えでいるんですけど,
強制的に規則正しく睡眠時間を確保したほうが
日中の仕事能力が上がったりして
結局は得(早く仕事が片付いて自由時間がたくさんとれるとか)なのかな…?

この記事も,コラム読んでからこうしてUpするまで
1週間近くかかってるし(*ノД`*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)興味深い,参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本脳に効く「睡眠学」 角川SSC新書
角川SSコミュニケーションズ
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人