2011年09月18日

来年に向け増殖中

私,去年,メダカを購入しまして飼ったのでですが,今現在,一応増えてます。
オレンジ光4匹,幹之(白メダカ)2匹,そしてその他大勢の稚魚からスタートして
オレンジは初代のうち2匹,白は最近初代と2世代目の有力魚を亡くしながら
オレンジ13匹,白6匹,そして黒(野生型。私は地味子と呼んでます)6匹という状況。

そして,こいつら。
110917 メダカ稚魚.jpg

夏,メダカはすごい活発でした。メダカは高温に強い。
高温好きといってもいい。エサもばくばく食う。
1日何回エサをやってもばっくばっく食う。
ということは逆にいえば,平日,朝1度だけのfeedでは
足りなくてせっかく産んだ卵を自分たちで食べてしまう?

いや,たしかにメダカを飼う上で卵はすぐ別の水槽に
移すようにというのは飼育ノウハウの基本的注意事項で
ありますが,いうほど卵好きじゃないですよ。
ときどき卵をくわえて泳いでるのを見ますけど,
逆に言えば糸がからんだ卵ってすごく食べづらい代物で
1日や2日よけ損なったからって全て食い尽くされてしまう
ってわけでもない。

なので,ちょくちょく各色メダカの水槽から
卵を回収して別の水槽(発泡スチロールの箱)に
移してたのですが,8月半ばまで全然稚魚が
孵ってこなかったんです。
なぜだ?なぜなんだ?!

実は当時,だいぶ前に孵って育っていたメダカが
数匹,その箱で飼ってあったんです。
各色メダカの水槽に移すにはまだ小さいかなと思って。
ですがもう2cmくらいにはなってるし,
成魚と同じメダカのエサをやっても普通に食ってるし
親世代たちと一緒にしても
食われたり死ぬほどいじめられることもないだろうと
それぞれの色に合わせて水槽に移しました。

そしたら稚魚が出現しだして,増える増える。

どうもこの2センチそこそこのお姉さんお兄さんたちが
卵から稚魚が孵るたびに根こそぎ屠っていたようです。
親世代たちの水槽も,卵は水草についてたり
底に沈んでたりして(オオカナダモにはすごくつきにくいです)
回収できるけど,稚魚はこの夏全然見ませんでしたから…
殻に覆われてさらに糸がうっとおしい卵よりも
孵った後のジャコのほうがメダカにとってごちそうのようですね。

そんなことに夏が終わる直前まで気がつかなかった私もアホですが
そこからでもすごい勢いで稚魚が孵っております。
こんなに卵回収したっけ?というくらい(^_^)

そのうち黒メダカが匹数は少ないくせに
常時2,3匹(半分がメスだとすれば該当者ほぼ全員が)卵を
ぶりぶり房状に抱えているくらいすごい勢いで産卵を続けていて
これはこれで渋い魅力があるのですが
できればオレンジと白が,特に白の幹之(背中に光沢のラインが入る)の
いい色を受け継いだ子にたくさん育って欲しいと思う今日この頃でした


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じた,生き物愛を感じた
 と思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本ドキドキワクワク生き物飼育教室〈5〉かえるよ!メダカ
アトリエモレリ
リブリオ出版

本日本のメダカの飼育12か月―月ごとの上手な育て方と増やし方 (Gakken Pet Books)
学習研究社
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人