2011年08月24日

news◇スズメやオウムはハヤブサと近い

先日お伝えしましたように今月から本格的に
漫画作成モードに入っておりまして,ブログの更新も
あっという間に2週間ぶりとなってしまいました。(;^_^)

ブログというのは不思議なものでこれまで900件近くも
これまでUpしたエントリーがあるというのに,
新しい記事を追加していかないと,なんか,死んでしまうんですねぇ…
アクセスが滞るというか。
(アクセス解析を見ると,モスキートーンの記事はいまだに毎日アクセスがありますけど)
どうやって時間をとられずにブログを止めずに適度に更新していくか…

今日はニュースの紹介です。


スズメとオウム、近い仲間 米独チームがゲノム解析(asahi.com)

 チームは、染色体上のゲノムを解析し、レトロポゾンと言われる特徴的な配列をどのように共有しているかを分析した。その結果、スズメやハタホオジロ、フィンチなどスズメ目に最も近い共通祖先を持っているのはコンゴウインコなどのオウムの仲間で、さえずりはこれまでの説より、3千万年も前の中生代に共通祖先で獲得したと見られることが分かった。
 さらに、ハヤブサやヒメチョウゲンボウなどは、同じ猛禽(もうきん)類であるワシやタカなどよりもスズメやオウムの仲間に近いことも分かった。



ハヤブサやチョウゲンボウがワシタカよりオウムに近いって
ニュースは去年あたりも読んだ記憶があるのですが
それよりもっと広範囲をカバーした系統樹を見せてくれよと
思ったものでした。

で,今回該当論文の載っている
Nature Communicationsの記事。
http://www.nature.com/ncomms/index.html
http://www.nature.com/ncomms/journal/v2/n8/full/ncomms1448.html

ちゃんと系統樹の図があるじゃないですか〜(^_^)♪
http://www.nature.com/ncomms/journal/v2/n8/fig_tab/ncomms1448_F1.html
件のスズメ,キンカチョウなどの小鳥のグループに近いのが
ヨウムなどのオウム・インコの仲間,
次がヒメチョウゲンボウなどのハヤブサ(ファルコン)の仲間,
次はキツツキの仲間とかフクロウの仲間とかタカの仲間というレベル,
さらに上のレベルに上がると
ツル,ハト,カッコウ,フラミンゴ,ホアジン,ハチドリなどの仲間と
同グループに入ると。
ここまで大きなレベルまで広げても含まれない遠い仲間は
ニワトリなどのグループ,
さらにもっと遠いグループはダチョウなどというわけですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じた,生き物愛を感じた
 と思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本鳥類学
新樹社
本恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた (文春文庫)
文藝春秋
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人