2011年07月29日

◆コミックライターズ∞チャリティイベントレポート(13)

先日に続いて,夕べベランダで「ギ!」「ギギ!」という
声(音)がするもので見に出たら,
その音源が驚いたのか入れ違いに部屋の中に飛び込んできました。
先日捕まえた今年の初ゼミはミンミンゼミでしたが
今度はアブラゼミ。例年より明らかにセミの数が少ないのに
(こうしてタイプしてる今も全然セミ鳴いてませんしね〜)
妙に人気スポットと化してます(^_^)ゴーヤの匂いが好きなのかな?
ゴーヤって,植物体自体が独特の香ばしい匂いを持ってますよね。

さて,いよいよラス前!
ダラダラ長らく続いてきましたコミックライターズ∞(エイト)
チャリティイベント漫画版参加レポート,
13ページ目となりました。

1ページ目→http://bit.ly/l8mFyY
前ページ→http://goo.gl/25t5t

椎名高志先生のサイン会は絶チルまつり?!
これぞまさに,「椎名百貨店」外商部や〜!
どうぞ!(^o^)/

110729 コミライ∞_13-1.jpg110729 コミライ∞_13-2.jpg

デジタル化が進むこの御時世,生原稿もスキャンしてしまえば
処分してしまっても構わないといえば構わない(後で修正するとか
でもデータでのほうが楽な場合もありますし)わけですし,
自分が作った作品であってもできてしまえばその物に執着しないという
クリエイターの方は多いという印象はありますが,
実際にサンデーに連載されて単行本にもなる『絶対可憐チルドレン』の
生原稿にサインをつけてプレゼントって,一体どこのお宝流出か
って話ですよ。会場のある中野でおなじみ某○ん○○○なんて
口の幅のよだれを流してほしがりますよ。店員知人の名義使いまくって
何十人と応募して宛名「上様」でサイン貰って,
後日1枚5万で売りますよきっと。

その生原稿も,背景や写植は入っていないものの
デジタル処理されることの多いベタやトーンが入っていて
(手作業でのトーン削りにプロのこだわりが?)見てすごく美しいものでした。
私は,人の原稿を見せてもらっただけですが
トーンなどペン入れ後処理の指示が青鉛筆で書かれていたりとか
生の臨場感が伝わってきましたね〜。

このサイン会における他の先生のイラスト入りサイン色紙に相当するのが
この生原稿。で,他の先生の単行本にイラストつけるやつに相当するのが
サイン色紙…あれ?
これじゃバランスとれないので色紙のほうはサインのみということになったそうです。
そもそも,イベント前「余った単行本を出して販売?そんなのねーよ」
→「主旨を理解してなかったんですよ〜(汗)」という経緯だったとのことで
絵を描く職業でサインのみというのは忸怩たるものがあったようです(^_^)。

椎名先生の生原稿,有限とはいえ膨大にあることですから
第2弾・第3弾とバンバン放出していただきたい
ものです(^皿^)


椎名先生公式ブログ
(有)椎名百貨店 THE WEB
http://cnanews.asablo.jp/blog/
「東日本大震災支援「コミックライターズ∞(エイト)」 チャリティーイベント開催のお知らせ」
(今回のサイン会で出品された原稿の一部の画像あり)http://bit.ly/n2XHko

さあ,いよいよ次回は最終ページ!

次項有完結!p14Upしました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで読んで,続きを読んでやってもいいよという方は
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ド素人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人