2011年07月09日

JBO推薦「フローチャート標準生物学実験」

本日気象庁から「九州北部、北陸、関東甲信の各地方が
梅雨明けしたとみられる」という発表がありましたね。

けど,正直,先月の下旬から夜の間とか夕方の集中豪雨的な雨くらいしか
降らなくなっていて,今月に入った頃にはもう梅雨は明けてると
思いませんでした?梅雨が「明ける」というと「いや,まだかも」と
思ったかもしれませんけど,梅雨が「終わる」と言えば
「この雨は梅雨じゃなくてもう夏の雨の降り方だよね」
って,普通に思えませんかね。

よく「梅雨明け宣言」って言われますけど,
気象庁は20年前に梅雨明けの判断に失敗して同じ年に
3度も梅雨明け宣言と取消を繰り返して結局ギブアップしたことがあって
「梅雨明け宣言」をやめたんですよね。今では,もう絶対終わってる
だろという頃になって「梅雨明けしたとみられる」という“発表”
する形になってるんです。

だから,こんなんで,例年より何日早いとか去年より何日早いとか
いってるの,全然意味ないと思ったりするんですけどね(;^_^)

さて,7月!海の日が近づいてきました!
ということは,来年の国際生物学オリンピックの日本代表選考会が
始まるということです。
生物学オリンピックの出場資格(20歳未満の高校生・高専生)外となる
高3以上の生徒も生物学力試し(好成績は大学入試で考慮される場合も)
で出られるこの大会,そう,
「日本生物学オリンピック「生物チャレンジ2010」」でございます。

既にエントリーを済ませて,本番を待つ参加者たちは
過去問題集で直前の実力試しといったところでしょうか。

今回は,この生物学オリンピック関連で
今年発行の推薦図書が出ましたので
紹介します。

本フローチャート標準生物学実験 (専門基礎ライブラリー)
編者:標準生物学実験編修委員会
著者:奥田敏統、久我ゆかり、櫻井直樹、佐々木晶子、土谷彰男、富川光、中坪孝之、彦坂暁、古川康雄、椋田崇生、山田俊弘、和崎淳(50音順)
実教出版→Amazon


【内容】
生物系大学1年生の基礎実験あるいは教職の生物実験のテキスト。

@ 大学での実験の時間「通常2コマ=180分」で終わる「180分実験集」
A 実験手順はフローチャートにして見開き2ページで示され,卓上で見ながら実験できる。
 「実験上の注意」などはフキダシで目立つように指示。
 「学生が自分で読んで実験が進められ,先生の指導の手間軽減」
B 半期での授業数「13回程度」を意識して,実験数を多数提供。
C 生物系の先生なら見たことのある定番の実験を,
 どの地域でも手に入れることの出来る材料で。「どこでも出来る汎用性のある実験」


目次
○ 個体レベルでみる生物
Chapter 1:花の構造
Chapter 2:エビの外部形態
Chapter 3:二枚貝の解剖
Chapter 4:ゾウリムシの観察
Chapter 5:ウニの胚発生
○組織・器官レベルでみる生物
Chapter 6:植物組織標本の作成
Chapter 7:植物組織の観察
Chapter 8:動物組織の観察
Chapter 9:カキの心臓生理
○分子・細胞レベルでみる生物
Chapter 10:植物細胞の観察
Chapter 11:植物の原形質流動と浸透圧
Chapter 12:体細胞分裂
Chapter 13:減数分裂
Chapter 14:唾腺染色体
Chapter 15:DNA の切断と分子サイズの解析
Chapter 16:魚の色素胞
Chapter 17:ヒト血液細胞 巻末付録
○ 統計的な考え方 ・ 豆の大きさの測定
 (有効数字の考え方を含む)
○ 機器の使い方 ・生物顕微鏡・マイクロメーター
・小型遠心機・マイクロピペット・分注器

○ 付録 ・ 学名 ・ 単位

生物チャレンジは7月のペーパーテスト予選を突破すると
8月お盆明けからの3泊4日本選大会があり,
そこでは計6時間の実験試験が待っています。
→日本生物学オリンピック 2011 本選 (広島大会)
答えが本に載ってるような実験試験が出るわけはなく,
この本は,必要な操作や基本となる生理的・解剖学的知識が
身につくという感じですね。

前々から生物五輪には注目・応援している当ブログですが,
今書いているマンガ,大長編生物部も生物オリンピックを
目指すという要素がちょっと入っていまして
(リアリティは全然ないですが(;^_^))
これからも生物オリンピックをチェックしていきたいと
思います (^o^)/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人