2011年06月02日

news◇天狗の反芻

6月。6月1日といえば衣替えの時期ですが
近年になくもう既に梅雨に入っちゃったりして
それも蒸し暑いというより朝夕の通勤時間帯にはひんやりしちゃって
薄着傾向の私なのに半袖に切り替えてないですねぇ,珍しい。

そんな今日この頃,紹介しますニュースはこちら。

テングザルは2度味わう…霊長類で初の反芻確認(2011年5月31日06時35分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110530-OYT1T01125.htm?from=navlp
東南アジアのボルネオ島だけに生息するテングザル(オナガザル科)が、一度のみ込んだ若葉などの食物を再び口に戻してかみ直す「反芻(はんすう)」と呼ばれる行動をすることが京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)の松田一希研究員(32)(霊長類生態学)らの調査でわかった。
 ウシの仲間で見られる反芻が霊長類で確認されるのは初めてで、英科学誌「バイオロジー・レターズ」で発表された。


「ハンスーだけならサルでもできる!」

この元ネタ,今の高校生とか生まれてなかったなーとか思ったり。

さておき,現在32歳の研究員さんで,11年前と5年前の
2度のボルネオ調査で常識を覆す初の発見をしたって
21歳とか27歳とかって。いいですねー。

この発見,最初査読で刎ねられたって,
「常識に反するそんなことはない」って,
それじゃ科学は進歩しませんぞ。

まあ,葉っぱを主食とするテングザルが反芻って,
その姿を想像すると妙に納得というか
しっくりする気がするのは私だけでしょうか(;^_^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで読んでおもしろかった,参考になった,興味深かった,生き物愛を感じた
いずれかあてはまる方は
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本自然史の 1893-94 のテングザルの野生動物
old-print

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人