\r\n米アリゾナ州立大学(Arizona State University)の生物種探査国際研究所 (International Institute for Species Exploration)が23日発表。\r\n\r\n「Tレックス」(ティラノブデラ・レックス(Tyrannobdella Rex))と命名されたヒル\r\n鼻の穴から5cm弱のヒル…想像したくないです。\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052505&expand#title\r\nナショジオの記事では7cmて。\r\n「生殖器は他のヒルより小さい」知らんがな。\r\n\r\n1912年に大西洋で沈没したタイタニック(Titanic)号の一部から、酸化鉄を食べるバクテリア\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052502\r\n学名は船名にちなんでハロモナス・ティタニカエ(Halomonas titanicae)。\r\n\r\nブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)の森から \r\n世界で約70種しか発見されていない光るキノコの新種\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052504\r\n(Mycena luxaeterna)…「ラックスエテルナ」永遠の光ねぇ。\r\n\r\n米オレゴン(Oregon)州のローグ川(Rogue River)から \r\n冷たい水の中で繁殖する珍しいキノコ\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052506\r\n水中キノコか〜。これは珍しい。\r\n\r\n南アフリカで 跳躍するゴキブリ。\r\n脚の構造だけではなく、バランスを取るための触角があるところや、目が両脇に付いているところまでバッタによく似ている\r\nバッタだったりして。…ゴキブリ扱いされるんだからきっと平たいんだろな。\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052507\r\n…ゴキブリというよりギスっぽいな。小顔なとこは確かにゴキブリだけど。\r\n\r\nインド洋のマスカリン(Mascarene)諸島から \r\n非常に珍しいランであるアングレカムの一種、Angraecum cadetiiに授粉す唯一の生物であるコオロギ\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052510&expand#title\r\n耳障りな声で鳴くそうです。\r\n\r\nマダガスカルの河川や湖などで発見された\r\n「ダーウィンズ・バーク・スパイダー(Darwin's Bark Spider)」\r\nと命名されたクモは、これまでに知られているクモより2倍強い糸を作り出し、\r\n一例では25メートルの川幅いっぱいに広がる巨大な巣を作っていた。\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052501&expand#title\r\n\r\n新種のアンテロープ・ワルターダイカー(学名:Philantomba walteri)\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052508\r\n肉のマーケットで見つかりましたか(;^_^)\r\n\r\nメキシコ湾の深海の底で見つかったコウモリが歩くような動きをするアカグツ類の魚\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052503\r\n英名がパンケーキ・コウモリ魚(Pancake batfish)って。\r\n※「2009年の新種」強烈な色合いが特徴的な新種のカエルアンコウ\r\n (学名「Histiophyrne psychedelica」)も本当強烈。http://bit.ly/m1fRuI\r\n\r\n果物を食べる体長1.8メートルのフィリピンの大トカゲ\r\nhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052509\r\nこんなにでかいのに新種ってのがすごいのかな。\r\n人口世界4位のルソン島で見つかったそうです。\r\n\r\nがランキングされたそうです。\r\nちなみにアカグツという魚,グツの名の由来は靴ではなくカエルだそうですよ\r\n(by新江ノ島水族館http://bit.ly/jMfr7M)。\r\n\r\n\r\n━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━\r\n
\"にほんブログ村\"人気ブログランキングバナー\"\"くつろぐバナー\"\"WCRバナー\"
\r\n━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━\r\n","headline":"news◇世界の新種生物トップテン2010","author":{"name":"ドージマ・ダイスケ","@type":"Person"},"datePublished":"2011-05-26T04:38:56+09:00"}

2011年05月26日

news◇世界の新種生物トップテン2010

なんか毎年恒例だそうですけど
こんなランキングが発表されたそうです。

2010年の新種生物トップ10、跳ねるゴキブリに「Tレックス」と命名されたヒルも

米アリゾナ州立大学(Arizona State University)の生物種探査国際研究所 (International Institute for Species Exploration)が23日発表。

「Tレックス」(ティラノブデラ・レックス(Tyrannobdella Rex))と命名されたヒル
鼻の穴から5cm弱のヒル…想像したくないです。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052505&expand#title
ナショジオの記事では7cmて。
「生殖器は他のヒルより小さい」知らんがな。

1912年に大西洋で沈没したタイタニック(Titanic)号の一部から、酸化鉄を食べるバクテリア
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052502
学名は船名にちなんでハロモナス・ティタニカエ(Halomonas titanicae)。

ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)の森から 
世界で約70種しか発見されていない光るキノコの新種
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052504
(Mycena luxaeterna)…「ラックスエテルナ」永遠の光ねぇ。

米オレゴン(Oregon)州のローグ川(Rogue River)から 
冷たい水の中で繁殖する珍しいキノコ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052506
水中キノコか〜。これは珍しい。

南アフリカで 跳躍するゴキブリ。
脚の構造だけではなく、バランスを取るための触角があるところや、目が両脇に付いているところまでバッタによく似ている
バッタだったりして。…ゴキブリ扱いされるんだからきっと平たいんだろな。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052507
…ゴキブリというよりギスっぽいな。小顔なとこは確かにゴキブリだけど。

インド洋のマスカリン(Mascarene)諸島から 
非常に珍しいランであるアングレカムの一種、Angraecum cadetiiに授粉す唯一の生物であるコオロギ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052510&expand#title
耳障りな声で鳴くそうです。

マダガスカルの河川や湖などで発見された
「ダーウィンズ・バーク・スパイダー(Darwin's Bark Spider)」
と命名されたクモは、これまでに知られているクモより2倍強い糸を作り出し、
一例では25メートルの川幅いっぱいに広がる巨大な巣を作っていた。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052501&expand#title

新種のアンテロープ・ワルターダイカー(学名:Philantomba walteri)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052508
肉のマーケットで見つかりましたか(;^_^)

メキシコ湾の深海の底で見つかったコウモリが歩くような動きをするアカグツ類の魚
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052503
英名がパンケーキ・コウモリ魚(Pancake batfish)って。
※「2009年の新種」強烈な色合いが特徴的な新種のカエルアンコウ
 (学名「Histiophyrne psychedelica」)も本当強烈。http://bit.ly/m1fRuI


果物を食べる体長1.8メートルのフィリピンの大トカゲ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011052509
こんなにでかいのに新種ってのがすごいのかな。
人口世界4位のルソン島で見つかったそうです。

がランキングされたそうです。
ちなみにアカグツという魚,グツの名の由来は靴ではなくカエルだそうですよ
(by新江ノ島水族館http://bit.ly/jMfr7M)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人