2011年04月22日

news◇立体ミジンコ化石 in 三葉虫のふん化石

まどか☆マギカの最終回見ました〜。
すごかったです。もうね。
主人公が遠い存在になっちゃうところがちょっと辛いところがありますが
続きが待ち遠しいアニメで最後まで見て後悔しない作品でした。
かなりくせがありますし誰にもお勧めできるかというと
難しいところですが…エヴァンゲリオンと並んでアニメ史に残る
名作と評する声もあがってますね。

さて,今回紹介するニュースはこちら。
化石の立体保存、ふんが守る 京大グループ解明
(京都新聞)http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20110413000016

三葉虫のふん:5億年前化石、良好な状態で保存 京大大学院研究グループ発表 /京都
(毎日新聞 毎日jp)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110420ddlk26040628000c.html

京都大の前田晴良准教授(古生物学)らの研究グループが、立体的な化石が残ることで知られるスウェーデンの「オルステン化石群」を調査したところ、堆積したふんによって化石が立体化していたことを突き止めた。
同化石群は古生代カンブリア紀末期(約4億9500万年前)の海中の節足動物類(体長0・5ミリ〜2ミリ)の化石が残っている。通常、化石は地層の重みでつぶれるが、同化石群では死骸(しがい)がリン酸カルシウムでコーティングされた立体的な化石が多く見つかり、目など軟らかい部分も残っている。


グアノみたいに海鳥のふんが堆積された地層が
肥料の原料として輸出至言となるほど
動物の糞にはリンが豊富といわれていますが,
バクテリアがリン酸カルシウムをつくり,
プランクトンのからだがコーティングされて
立体的な構造が化石に残されるって
おもしろい現象ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三葉虫の謎―「進化の目撃者」の驚くべき生態
早川書房
本眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く
草思社
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人