2011年02月04日

news◇マリアナ海溝で日本ウナギの卵採取!

一昨日Upの鳥関連の4コマ漫画,
さらに2本ほどシリーズとして続けたいと思っています。
うち一方のほうが絵は比較的手がかからない内容なんだけど
そっちをオチ的に後にしたいから…できしだいUpします。

そんなわけで今回の更新は
ウナギの調査研究に関するニュース。

ペンウナギの産卵場所を特定、グアム島の西方海域 (読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110202-OYT1T00103.htm

ペン天然ウナギ:卵を初採集 グアム西沖、産卵時期・位置も特定−
−東大大気海洋研
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110202ddm041040066000c.html

日本の南約2200キロのグアム島西側にある西マリアナ海嶺(かいれい)付近
水深が3000〜4000メートルあり、二つの海水がぶつかって
塩分濃度が変化する約10キロ四方とごく狭い海域。
一度見つかれば範囲の狭いほうが探しやすいとは思うけど
卵は水深200メートル前後にあったとみられる
って,タナをとる(獲物がいる水深を探る)のも大変ですね。

05年にふ化後2日目のの稚魚が採取されたそうですが
卵がふ化するまでの日数はわずか1.5日とのことで
産卵後その期間内に潜らないと卵は採れないわけですね。2010年04月09日
ウナギは新月の頃に産卵するといわれそれを裏付けるように
今回は産卵後30時間程度の卵を採取するのに成功したと。

以前当ブログでもウナギの完全養殖に成功したニュースを
紹介しましたがhttp://ddaisuke.seesaa.net/article/146199146.html
(2010年04月09日),現在は卵を親ウナギから得ても孵化させて
シラスウナギに育てるまでの生存率がとても低く実用化に
ほど遠い状態だったとのこと。卵が得られた環境を調べることで
適した水質や水温,どんなエサがよいかなど,
卵や生まれたばかりの仔魚を育てるための重要なデータが
得られたらいいですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うなぎ関連の過去のエントリ
●Do you know? 丑の日のウナギ(2010年08月31日)
●ウナギは泥から生まれた泥太郎?(2010年09月02日)
●ウナギは光りません(2010年09月14日)

本うなぎを増やす (ベルソーブックス)
広瀬 慶二
成山堂書店→Amazon
本ウナギの科学―解明された謎と驚異のバイタリティ
小沢 貴和,林 征一
恒星社厚生閣→Amazon
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人