2011年01月18日

センター試験2011[生物I]分析(つか感想)

受験生の皆さん,センター試験おつかれさまでした。
この結果だけで選抜され合格してしまう一部の受験生を除いて
二次試験またはセンター不採用の私大の個別試験に向かうわけですが
冬の寒さはまだまだ続きますので体調維持に気をつけて
前年受験生のシーズンみたいに新型インフルエンザの大騒ぎはありませんが
風邪にも注意してくださいね。

さてそのセンター試験,生物(「生物I」)の試験は2日目の
16日日曜日に行われ,問題・解答・各社分析が公開されています。

【問題と正解】
2011センター試験 - 毎日jp(毎日新聞) ※jpeg版とPDF版あり
http://mainichi.jp/life/edu/exam/center/

2011年度大学入試センター試験速報−問題と正解
: 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)※PDF
http://www.47news.jp/47topics/e/185758.php

【分析】
データネット(駿台・ベネッセ)
 http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/mondai_k/mk_503.html

河合塾
 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/10/analysis/432.html

代ゼミ
 http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/center/recent/bunseki/seibutsu.html

予備校の東進
 http://www.toshin.com/center/
 (生物I)http://www.toshin.com/center/seibutsu_shousai.html

共同通信(生物Iに関するコメントは代ゼミ)
 http://www.47news.jp/47topics/e/185781.php#seibutu1

各社の分析をまとめますと,

データネット「知識問題、考察問題ともに手間のかかる問題が増加し、難易は難化した。」
河合塾「難易 易化 前文や文章選択肢の文章量、1マークあたりの選択肢数が減少した。
 また、詳細な知識を問う知識問題や難しい考察問題も減少した。」

代ゼミ「取り組みやすいが量的増加により若干難化」
東進「全体的に細かい知識を要求され、考察問題のデータ量が増加して時間がかかり、昨年度より難化した。」

と,河合塾以外はおおかた昨年より難易度が上がったという分析なのですが,

私,

今年は生物Iのセンター試験,

むちゃくちゃやさしかったと思うんですけど。

「問題数が32と去年より3増えた」って,
第3問Aのバクテリオファージの殻と内部の成分を答える問題とか
これは2つで1問分くらいの基礎問題(実際,両方正解で3点)も
含んでのものですからね…

確かに,昨年の問題もかなりシンプル,オーソドックスな内容で
平均点もほぼ70点(69.7)ありましたから,さすがにそれより易しくなった
とはいいづらいですけど,シンプルで即答可能な基本レベルの知識問題が
多かったですし,考察問題もまるで見たことのない実験を示されて
その意味をまず読み込まないといけないといった問題はなく,
第2問Bにしても第5問Bにしても,逆に生物の知識がなくても
問題文中と選択肢に示されている情報だけで解ける易しい問題ではないかと思います。
(もちろん予備知識ゼロだと実験内容や設問の意味をイメージしにくいので
限られた時間内で解いていくのは難しくなりますが)

第1問Aは,サフラニンが盲点を突いた形で,教科書では実験のページ
(植物組織の観察)で各社ちょろっと出てくるのですが本文だけやってては
絶対わからない。出題側としては実験重視ということなんでしょうけど
資料集や予備校のテキストにある染色液のリストで丸暗記した人のほうが
正解に近かったかもしれませんね(;^_^)

第1問B 細胞分裂におけるDNA量変化のグラフを見たことがない
という人は一から考えないといけないので苦戦必至ですけど
そうでなければ,あと必要なのは卵割の基礎知識だけ。

第2問A 問3 両生類の発生でマニアックな図だと,“内胚葉と
中胚葉が陥入するんだけど原腸の内壁は内胚葉のみ”っていうのが
一部なくはないです(これだと神経胚や尾芽胚の図で消化管が内胚葉
だけでできている構造とそのままつながる)。ただ普通の教科書や
参考書の図では原腸の上(動物極側)は中胚葉,下が内胚葉に
なってますからね。

第3問 A,Bは超基本問題。ここへの配点が合計14点も。
 問6 2遺伝子がともにホモの個体を
検定交雑するものを選ぶだけの問題。

第4問 Aは基本的な知識問題。も,多少知識があやふやでも
明らかに違う選択肢を排除して残った文を比較すれば
正解に到達できる。

第5問 問2の選択肢に「根毛」が含まれてなくて「え?!」と
ちょっと驚かされた人もいるかもしれませんけど,難しくはないですね。
の実験考察も,「オーキシンを加えると大きく(長く重く)なる,
オーキシン+ジベレリンだとさらに大きく(特に長く)なる」
というだけですもんね。

というわけで,去年化学Iの平均点53.8,物理Iの54.0に対して
69.7という非常に高い平均点を出してしまい,反動で難化が
予想された
生物Iでしたが,終わってみれば今年も易しい問題だったと思います。
自己採点の結果がよかった受験生も気を緩めないで
2次試験頑張ってください!


化学I,物理Iの問題は今年も難しかったようで
生物Iを選択した受験生は10点以上得をしているといえるかもしれません。

拙サイトはトップで「受験生(特に生物選択者)を応援します」
宣言していますけど,センター試験でこういうことになってしまうと
ちょっと気がひけますね…(;^_^)


バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ★入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181241891

この記事へのトラックバック

センター試験 易化
Excerpt: 【楽天最安値】\6300⇒\2980《ラスト1点!!》円高50%オフ!!SCRIPT スクリプト ミリタリー アーミー調アナログウオッチ腕時計BG877 ルミノックス/リタリーウオッチ/レディース/..
Weblog: めちゃイケ!ニュースダイジェスト
Tracked: 2011-01-18 10:33
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人