2010年12月03日

●カラスは一目でお見通し

最高気温予想23℃ですって…?
ラニーニャ現象の影響で,夏の猛暑から冬は逆に
けっこうな寒さになると聞いていたのですが
12月に入って逆にあたたかくなっている気さえしてしまいます。

さて12月だろうが8月だろうが季節に関係なく
年中活動,目にすることができるのがカラス。
微妙に時間がなくて,前回のUpからすぐ
続きをやるつもりだったのですが3日ぶりの更新です。
どうぞ! (^o^)/

moebio101203 カラス顔認識1.jpg
moebio101203 カラス顔認識2.jpg
moebio101203 カラス顔認識3.jpg

ペンカラス:人間の男女の顔を識別…エチオピア人留学生が発表(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101111k0000e040011000c.html

新キャラ?リアルなカラスが登場しましたが
レギュラー化の予定は全くありません。(^_^)

カラスは顔写真見てヒトの男女が見分けられるんですね〜。
人間はカラスの雄雌なんて全然わかんないのにね。

かわいい以前考えたことがあるんですけど,
目宇宙人が地球にやってきて,地球の生物の生態を観察した,
で,人間の世界を観察する際に,どこでどう個体識別を
するのかというね。
まず見た目の差が大きいのは服装ですよね。
しかしこれを目印にした場合同一人物でも日替わりで
見た目が変わってしまう。

宇宙からやってくるくらいの知能と技術があって服がわからない
なんて,常識で考えたらそんなばかなことはありえないですけど
いろいろ考えてみるわけですよ。

犬で,たとえ宇宙人であろうとやはり顔で個体識別するしかないだろうと。猫
霊長類の生態研究で日本の霊長研は長らく世界をリード
してきたわけですけど,それは群れの中のサル1頭1頭を
顔で区別するという発想が欧米の研究者にはまるでなかったから
という話がありますね。
ヒトを他の動物や生物とは全く異なる別格の存在と考える一神教の
人たちは,サルの群れなんか見たら全部同じに見えて1頭1頭
区別するなんて考えられない,だから群れの構造や機能も調べようがない…
ということだったようです。
(馬を飼ってたら自分のところの馬くらい見分けがつくだろうし
 霊長類だってその気になれば可能だったと思いますけどね)

カラスも,彼らにとって人間は利害関係のある生物のトップでしょうし
男女や年齢を読み取ることは生活に直結する情報たりえますから
見分ける能力が発達したんでしょうね。

晴れほかの鳥や動物はどうなのか,興味ありますね。
大きな群れをつくる鳥など,個体識別能力が発達していると
思うのですが(自分の子を探し出す際など)その際に
目で見分けるのか声で認識するのかいろいろな手段が考えられますね。

さて今回のカラスシリーズ,一応まだネタはありまして
今週中にたてつづけにUpする予定だったのですが,
来週にまたがっちゃうな…
次回につづきます。

バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたらうれしいです。
 ついでに1クリックいただけましたら…
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



本カラスはどれほど賢いか―都市鳥の適応戦略 (中公文庫)
唐沢 孝一
中央公論新社→Amazon
CDAIR Blu-Ray Disc Box (Newパッケージ)
ポニーキャニオン
※国崎といえば。
→Amazon


posted by ドージマ・ダイスケ at 07:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人