2010年10月14日

『らき☆すた』が参考書になった?!

なんか,すっっっっっごく久しぶりのような
気がするんですけど,本の紹介です。

生物じゃなくて化学の参考書(解説書)なんですけど
『センター試験 ○○の点数が面白いほどとれる本』シリーズで
カバーイラストに江川達也先生を起用したり(現在のバージョン
はマガジン連載『涼香』『君のいる町』が代表作の瀬尾公治先生),
漫画の単行本そのもの『ぼくオタリーマン』なども発行してきた
学習参考書とビジネス書の中経出版,今度はそうきましたか…

『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本
松原 隆志
中経出版→Amazon

中経出版の学参と,角川書店のコミックが,
がっちり手を組んで夢の共演を実現!
『らき☆すた』のキャラクターによるビジュアル解説。
だから,イヤでも頭に入ります!
(中経出版ホームページより)


ふーん,中経出版って角川書店のグループなんだ。
人気漫画だとギャラ高くね?ってのと,高校もので漫画キャラを
学参専業の出版社が起用する勇気以外はそんなにきついハードルは
ないんじゃないかと思ってましたが,「普通は“ありえない”企画」
だそうです。
たしかに「ドラえもんの〜」「コナンの〜」系の
小学もの参考書は小学館からのものばかりなんですが
小学館が自分で出すからよそには厳しいとか,そりゃ国民的ヒットの
漫画キャラを使うならハードル高いでしょと思ってました。(;^_^)
角川書店『コンプティーク』連載の4コマ漫画,学研とか
旺文社とか,学参側がその気になってオファーすればけっこう
簡単にコラボできそうに思えましたが,本来なら厳しかったんですね。

てか,この本,1400円+税 か…。同程度の内容・装丁の
参考書より1〜2割高いよ。プレミアム載っけてあるな〜(;^_^)


で,肝心の中身ですが,
「ドラえもんの〜」(本文の題材に関連して4コマ漫画を載せているパターンが多い)
「コナンの〜」(結構本格的に本編そっくりの漫画で解説しているものありますよね)
とはさすがに違って,漫画で解説するということはなく,
オーソドックスな解説書に,『らき☆すた』キャラのイラストが入っている形。

「インパクトのあるイラストを紙面でふんだんに用いています」
「自分の好きな漫画が参考書になるなんて,夢のような話ですよね!」

という宣伝文句の強さと比べれば,至極ふつうの解説書という印象ですね。
「電子を渡しま〜す」「ここが肝心だよ」「難しい…」といった内容で
化学の踏み込んだ内容について『らき☆すた』で解説する
というわけではありません。
100点以上の描き下ろしイラストが!
といってもキャラクターの顔がアイコン的に入っているだけの
ページもありますし,300ページ以上の本ですから
『らき☆すた』イラストが入っていないページもあります。

いや,電子式の解説で最外殻を四角いテーブルと2人がけベンチに
例えたイラスト(最外殻電子が4である炭素Cだと四方に1人ずつ
座れるが,最外殻電子6の酸素Oでは2箇所2人ずつの相席に
なる)など,すごくうまい具合に説明しているところもありますよ。

逆にいえば,まともな参考書だから安心して買えるとも言えるわけで
本文の重要ポイントや注意点をこなたやかがみたちが喋る形に
なっているだけで,ぐっと意識が入りやすくなる人も少なくないでしょう。

※巻末付録「らき☆すた周期表」!!
101014 らきすた周期表.jpg



あ,そうそう,属性として現役高校生・受験生より
“大きなお友だち”に近い(というかそのもの)の目から言わせてもらうと,
本文に掲載されている『らき☆すた』キャラのイラスト,
上半身とかバストアップで描かれている絵が,
ページにはめこむ際になぜか四角く切り取る作業が入るらしく
手の先など,左右の端が切れているものが多いんですよ。
別にスペース上の問題がない,しっかり端まで載せても大丈夫な
余白があってもです。
この組版をやった所が印刷会社なのか中経出版内にあるのか
知りませんが,愛が足りないなぁ,とちょっと思いました。


バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


◆中経出版の本

本図解で身につく!ドラッカーの理論 (中経の文庫)
久恒 啓一

本カイチュウ博士と発酵仮面の「腸」健康法
藤田 紘一郎,小泉 武夫

本シブすぎ技術に男泣き!2
見ル野 栄司
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人