2010年09月16日

●マタタビに酔うネコ酔わぬネコ

先週の台風9号による雨あたりから
秋の足音が聞こえだして,ここ3日ほどの雨で
本格的に季節が夏から秋にバトンタッチしそうですね。

さて更新頻度強化週間,更新前に寝てしまい1日空いてしまいましたが
引き続き,1コマでいきます!
副部長,新人ときまして今回は部長の登場
怪談のときと同じ順だな…偶然ですが)
どうぞ。 (^o^)/
moebio100915 マタタビ.jpg

moebio100915 マタタビ.jpg

Wikipediaなんかではライオンにもトラにも効くって
書いてありますけど,昭和56年に多摩動物公園で実験したところ
ライオンはゴロゴロのグニャグニャになるほどマタタビ(の材木)に
酔っ払ってましたけど,トラには効かなかったと,NHKで言ってました。
また,上野動物園HP,ブログでもトラ年の年賀ハガキ用写真撮影の際に
マタタビをトラに使ってみたところ,期待するような結果はなかったそうです。
個体差が大きいといえばそれまでですけどね…。

ライオンに対して効いている画像や動画は探せばすぐ見つかるんですが
“効かない”様子は画的にぱっとしないせいもあってか,
トラについてはなかなか見つからない(トラ猫ばかりヒットします)。

結論としては,
マタタビの効き目は一応ネコ科動物全般に対してあるようですが,
トラに対してはせいぜい気を惹かれる・噛み噛みしたくなる
という程度で,普通のネコやライオンのようにグニャグニャに
酔っ払うことはない
ようです。

副部長の史絵さんが生活の知恵やことばに関する雑学,
新人のすずさんが,ダジャレ系のボケネタときて,
今回登場しました菊樹(きくのき)部長の担当パートが
このブログの主題からいえば,
“本道”なんですけど
一番ここが難しいですねー。
ネタ自体はふだんの漫画や文字記事で扱っているようにいくらでもあるわけですが,
1コマでずぱり言い切るような,1個で1ネタ成立させようとするとなると
誰でも知っているような話題を紹介して
面白くないしレベル低いと思われて終わりってのもなんですし,
マニアックすぎる題材を紹介しても読む側にとって面白くなかったり。
そうなると微妙〜なところを突いていかざるを得ないわけですが,
部長の紹介するトリビアがことごとくガセってことに
なっちゃ目もあてられないわけで。

『世界一受けたい授業』などでもおなじみ
わが国におけるトリビアの第一人者K氏などは
出典の怪しさも含めてトリビアだ,言ってみれば本当かどうかは
関係ない,ガセである可能性も含めてトリビアの魅力だという
ことを雑学本の前書きに書いてました(フジテレビ『トリビアの泉』
はトリビアとガセビアを明確に区別してましたけどね)が
あそこまでいいかげんにやっていけたら楽なんですけどね…。
※人が調べて書いたサイトや文献を安易にパクって適当に
 アレンジする剽窃問題が多数指摘され,指摘や抗議に対する
 不誠実な対応も問題となっている。



バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


またたび
さくら ももこ
新潮社

このアイテムの詳細を見る
ラベル:マタタビ ネコ科
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:30| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1コマトリビアって、イイジャンルですね・・・ゴクリ
Posted by まさる at 2010年09月18日 00:12
ぜひぜひどうぞ〜。
私は苦し紛れに始めたところもありますが
やってみると,けっこう面白いかもと思い始めてます。

通常の漫画ならすみっこにちょろっと書くような話題で
1本描くわけですから楽と言えば楽かもですが,
一発勝負ですからネタのセレクトとか構成とか結構頭使って面白いですよ。
描きためがしやすいという点でもブログ向きですし。

キャラをアップで描かないといけないので絵の訓練にもなりますね。
最初はアップの絵を1枚描いて使い回そうと
思ってたんですけど,
(↓これの大ゴマみたいなのを。
 http://sinri.net/comicblog/779.html#more-779 )
実際描いてみて,再使用に耐える画力でないと痛感して
毎回が練習だと思い直したのでした。チャンチャン。
Posted by ドージマ at 2010年09月18日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人