2010年09月14日

●ウナギは光りません

もー,そろそろセミの声もまる一日聞こえなくなり
夜の虫の声も猛暑で待たされた分をとりもどさんとせんばかりに
リーリー強く鳴いていますね。人間の世界は民主党代表選で
菅首相が続投決定,円高がさらに進行,82円台ですか。
なんかもう,またの名を「円高総理」で日本史に名を残しそうな勢いですね。
果たして総理は手を打つんでしょうか。日銀の白川総裁も口を開けば
何もしない言い訳ばかり。あの人の仕事って一体何なんでしょうかね。

さて更新頻度強化週間ということで
昨日に引き続き,1コマでいきます!(富永一郎先生風)
今回は,昨日のサンマの話題からさかのぼって
夏の味覚・ウナギの話題です。
どうぞ。 (^o^)/

moebio100914 ウナギのかがやき.jpgmoebio100914 ウナギのかがやき.jpg

ウナギは光りませんねー。
深海魚のフウセンウナギやフクロウナギ(ともにウナギ目)も
発光はしなかったはず。
しかし「○○のかがやき」って,ネーミングとしては
なにかそれこそ光るものが感じられます。
どこか,何か食品の商品に使ってみてはいかがでしょうか。


バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


 ※「かがやき」というネーミング,お米や南高梅に使われているようですね。
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物部員の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162667337

この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人