2010年09月13日

●秋はサンマ,網にはサクサン

ノシ。
昨年4月に改めて「本を出すぞ」宣言をして以来,
その野望は未だ捨てていないドージマです。

まとまったページもの(『萌えろ!高校生物T・U』本編および
『萌えろ!高校生物T・U S1』)のほうは,構想するネタは
たくさんあるのですが,いかんせん練っておいしい練る練る練〜るのに
時間(というか月日)がかかりまして,1本描くのに(描き始めるまでに)数ヶ月…
※ちなみに異性の気を引くためのテクニックと
 超シモネタそのもの(生物学なんですから別に問題ないですけど)
 の話を春から超水面下で計画しています。

それの完成にこだわってブログの更新がさびつくのも問題ですし,
昨年4月の宣言時に漫画以外のコンテンツの比率を下げる方針を
示した手前もありますので,なるべく漫画のUp頻度を高めていきたい。

というわけで,春から月イチ以上のペースでUpしておりました
4コマ(8コマ)小ネタからさらにスケールダウンして
極限ショートの1コマものではございますが,
よろしくご覧下さいませ。

今回は,残暑厳しい日が続くとはいえ
先日目黒や北海道でも秋の味覚・サンマ祭が
行われたということで,こんな話題を。
どうぞ。 (^o^)/

moebio100913 サンマに酢.jpg

これ,どこで読んだ暮らしの知恵か忘れましたが,
実際やってみて
よかったので,
皆さんもお試しいただけたらと。

副部長の史絵さん,指でお酢を塗るしぐさをしてますけど,
いいですよね?わざわざこんなもんハケを用意するほどでもないし
(パンを焼くことのある家で卵黄塗るために持ってるくらいでしょ)
焼く魚を網に載せること自体,素手で持ちますよね。
…あれ?
右手にびん,左手にスプーン→右手の指につけて,その指で塗る
の手順のが自然だったか?部長はサウスポーだけど他は皆右利きだもんな…
まてよ,
左手にびん,右手で開ける→右手にスプーンを持って左手で注ぐ
→びんを置いてふたを閉める(うちの台所にあるお酢のびんは
ワンタッチでふたを閉められる)→右手にスプーンを持ったまま
左手の指につける→で,焼き網に酢を塗る
でいいか。OK

どうでもいい独り言を読ませてしまいましたことを
心よりお詫びします。m(_ _)m

バッド(下向き矢印)少しでも参考になった,興味を感じたと思っていただけましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


本家事の隠しワザ集 ごま書房→Amazon
 ※ネタ元,この本じゃなかったです(本の整理をしたときにパラパラ目を通したのでそのときに見たのかなと思ったのですが)。こちらの本によれば魚がこげつかないようにするには焼き網を予め熱しておくとよいそうです。あと,「アユとサンマはワタ(内臓)をとらずに焼いたほうがおいしい」と。いけね,いつからか,最近はいつもサンマの内臓とってたわ…。
ラベル:焼き魚
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物部員の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人