2010年09月11日

●頭を冷やせ!(2)

台風9号,東北に大雨を降らせるのかと思ったら
東海道線方面に大きな影響を与えてびっくり。
その後,木・金と比較的涼しい日が続き,個人的に仕事の大きな区切りが
ついたこともあって,夏から秋へチェンジしたかという気分です。
(気温的には今日なんかまた猛暑日の予報だったりするわけですが…(;^_^))

あと,昨夜の勝利でドラゴンズ,念願の首位浮上!
しぶとく首位を射程圏に捉え続けながら,けどこのまま終わっちゃ
なんにもならないぞ!!(そういうシーズンも過去にありましたから…)
とじりじりしたんですが,ようやくこれでハジマタかなと。
守護神・岩瀬投手に若干の不安がありますが,これはしかたありません。
他の投手陣が皆で支えるべくおそろしい充実ぶりですから
先発陣崩壊状態の巨人,不可解采配連発のタイガースと比べたら
日本シリーズで勝てる可能性のあるチームとして絶対優勝あるのみです。
ドラゴンズは試合消化が早くて残り試合が少ないのがちょっと気に
なるというか…ドラマを生みそうな予感もします。

さて,前回のUpから間があいちゃいましたが
関東以西では残暑のピーク,猛暑日予想ということで
「頭を冷やせ」の続きです。どうぞ (^o^)/

→前回の4コマ
●頭を冷やせ!(1)(09/08)

moebio100911 頭を冷やす2-1.jpg
moebio100911 頭を冷やす2-2.jpg

神経のはたらきというのは,
温度が高くなると伝達速度は速くなるんですが,
電位の幅が小さくなり,限界の温度を超えると麻痺してしまうそうです。

「熱が出ると…」のところはもとの熱中症の話題から
ちょっとそれますが,体温が上がると免疫作用が飛躍的に高まるので
感染症にかかったときに細菌などの病原体を排除するための
積極的な対抗策といえます。しかし体温が高すぎれば
からだの組織自体にもダメージが大きいわけで,
特にやっぱり脳への影響を考えると,熱が出たら頭は冷やさないといけないでしょう。
「熱が出るのは自然の作用なので解熱剤は絶対使ってはいけない」
という発言(絶対と強く主張する極論)をされる方が
お医者さんの中とかからでも出てくるのは
ちょっと怖い気がします(インフルエンザなどで薬の副作用が
問題になることがあり,それに関連しての意見だったりするわけですが)。


バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


体の反射のふしぎ学―足がもつれないのはなぜ? (ブルーバックス)
 橘 滋国 講談社 →Amazon
萌えろ!高校生物I・II頭を冷やせ!(2) ありがとうご心配おかけしましたいえいえそうね。首筋を冷やせば頭を流れる血液を冷やすことができるからね。どうしたの?でもだな,体温の調節は間脳視床下部が血流の温度を感知してやるわけだろ。脳がゆだったら温度下げるのが先決だろ。しかし解せんな。脳へ行く血を冷やしたら体温下がったと勘違いして体温上げようとしたりしないのか?温度が上がりすぎたら神経が麻痺して調節どころじゃなくなるからな。熱出たら頭冷やすよな。首筋冷やせとか言うよな。

posted by ドージマ・ダイスケ at 09:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人