2010年09月05日

【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果

もうまるまる2週間経ってるんですけど
来年の国際生物学オリンピックの国内予選を兼ねた
生物学力コンテスト「生物チャレンジ2010」の2次試験が
つくば市で行われまして,即結果が出たようです。

http://www.jbo-info.jp/index.html





茨城県知事賞
(総合成績第一位)
久米 秀明筑波大学附属駒場高等学校 東京都
高校2年生 男
つくば市長賞
(総合成績第二位)
水口 智仁開成学園開成高等学校東京都
高校3年生 男
筑波大学長賞
(総合成績第三位)
松田 洋樹筑波大学附属駒場高等学校東京都
高校2年生 男
つくば科学万博記念財団理事長賞
(実験試験第一位)
坂倉 光祐 筑波大学附属駒場高等学校東京都
高校3年生 男
筑波大学生物学類長賞
(めざましい活躍をしたもの)
前田 智大灘中学校兵庫県
中学校3年生 男


金賞 10名(あいうえお順)は日本代表候補者
石川 夏子 西高等学校 東京都 高校3年生 女
大塚 祐太 船橋高等学校 千葉県 高校2年生 男
奥村 洋介 向陽高等学校 和歌山県 高校2年生 男
久米 秀明【1位】 筑波大学附属駒場高等学校 東京都 高校2年生 男
秦 天陸 天王寺高等学校 大阪府 高校3年生 男
原 直寛 高松高等学校 香川県 高校卒業生 男
松田 洋樹【3位】 筑波大学附属駒場高等学校 東京都 高校2年生 男
三浦 康平 秋田高等学校 秋田県 高校3年生 男
三上 智之【生物五輪2010銀メダル】 ラ・サール高等学校 鹿児島県 高校2年生 男
水口 智仁【2位 生物五輪2010銀メダル】 開成学園開成高等学校 東京都 高校3年生 男

銀賞 11名(あいうえお順)は日本代表候補者
上野 賢也(昨年5位) 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 大阪府 高校3年生 男
栗原 沙織【生物五輪2010金メダル】 北海道札幌西高等学校 北海道 高校2年生 女
坂倉 光祐 筑波大学附属駒場高等学校 東京都 高校3年生 男
相馬 朱里 船橋高等学校 千葉県 高校2年生 女
田中 彬寛 灘高等学校 兵庫県 高校1年生 男
柘植 仁美 白陵高等学校 兵庫県 高校3年生 女
冨永 雄介 海城高等学校 東京都 高校3年生 男
中川 愛 天王寺高等学校 大阪府 高校3年生 女
野田 夏実 桜蔭高等学校 東京都 高校1年生 女
村田 翔太朗 灘高等学校 兵庫県 高校2年生 男
渡邉 湖介 古川黎明高等学校 宮城県 高校3年生 男

銅賞 20名 
大島 宏希 湘南高等学校 神奈川県 高校2年生 男
風早 智孔 筑波大学附属駒場高等学校 東京都 高校2年生 男
坂本 莉沙【生物五輪2010銀メダル】 渋谷教育学園渋谷高等学校 東京都 高校3年生 女
柴原 礼良 筑波大学附属駒場高等学校 東京都 高校2年生 男
丹野 晶博 茨城高等学校 茨城県 高校2年生 男
趙 慶慈 灘高等学校 兵庫県 高校2年生 男
ほか14名

敢闘賞 37名

トップ3のうち1位と3位,そして実験の1位が筑波大付属駒場高。
トップの久米くんは昨年の生物チャレンジで,
今年の生物五輪の代表次点者でした。
1か国4人の代表選手のうち同じ高校の生徒が2人を占めるケースが
最近見られますけど,来年の代表選手も…?
しかも2位の水口くんは昨年4位の高校3年生で来年の国際大会の出場対象外ですし。
昨年の国際大会,そして今回の2次予選会場となった筑波大学の
お膝元(都内ですけど)だけに生物教育にも力を入れて今年実を結んだのでしょうかね?

過去には生物五輪での高校1年生(つまり国内予選時は中学3年生)が
見られたものでしたが,今年は高2以外の上位進出は
銀賞の高1男女1名ずつが最高でしたね。
筑波大学生物学類長賞の中3前田くんも日本代表候補の15名には
入れませんでした。これは高校1年〜2年で勉強して力をつける
層が厚くなってきて,多少同年代で素質や才能が抜きんでていても
高1や中学生が上級生を破るのは難しくなってきているんだと思いますけど
2〜3年くらい飛び級してしまうような型破りの天才少年少女の
出現も見てみたいと思ったり。

ともあれ,代表選抜試験は来年の3月20日。
今年の「金1・銀3」をさらに上回る代表チームを結成すべく
代表候補の15名の皆さん,しのぎを削って頑張って下さい!


バッド(下向き矢印)少しでも参考になりましたら
 ついでに1クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー学生広場


公式問題集
本生物学オリンピック問題集ペン

羊土社(2008/05) 1,680 円(税込)
※問題を解くためのヒントや基礎知識が充実、大会参加者はもちろん、これから生物学を学んでみたいという方にもオススメの1冊!
羊土社だけに,見やすさわかりやすさは折り紙付きです。

→Amazon
本◆参考図書(IBO推薦)
ひらめきキャンベル生物学
ビル
木村 武二,久保田 康裕,中島 春紫,箸本 春樹,野間口 隆
丸善 (2007/3/24) 1540ページ

→Amazon

※レベルもお値段もハイクラス!! 世界の精鋭たちとわたり合うにはこれくらいが必要か…生物方面に進学される人はこれ買っておけば大学の専門課程まで十分使えます。サーチ(調べる)
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数学オリンピックとかはあるの知ってたけど、まさか生物にもあるだなんて・・・!
Posted by まさる at 2010年09月08日 01:56
どもです!
そうです,生物五輪も化学五輪もあるんですよ〜。
あとは職人のさまざまな分野に秀でた若き職人たちが集まるオリンピックもありますよね。

さすがに医学のオリンピックはないですが…
高校までで医学を修めている人,国なんてそうそうないですし
勝ち負け競うもんでもないですしね。
それを思うとNHKの「ドクターG」なんか,勝ち負けを競うわけじゃ
ないですけどスポーツ的な感覚でも見られるいい番組ですよね。
Posted by ドージマ at 2010年09月08日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人