2010年01月30日

news◇恐竜の色を初確認!に近い発見

満月がきれい〜!!まぶしいくらいの輝き!
1ヶ月に2度やってくる満月の2回目を「ブルームーン」と呼び,
見ると幸せになるとか…友人の話そのまま書いてます。(;^_^)

さて,いろいろ書きたいことあるのに
なんだかんだで更新ペースが落ちまくりの当ブログ。
とにかく日付が変わる前にこちらのほう,Upしておきます。

ペン恐竜の色を初確認!…化石分析の研究チーム : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 by中国科学院などの研究チーム

ペン皮膚から直接神経細胞、iPS使わず新方式 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 by米スタンフォード大の研究チーム

iPS細胞については極力フォローしている当ブログにとって
後者のニュースもけっこう大きい話なんですが,
今回はおまけ的な扱いね。

白亜紀前期の羽毛恐竜「中華竜鳥」の化石から色素が見つかったと。

赤茶色の色素「ユーメラニン」の存在が確認できたことで
羽毛の生えた尾の模様などもわかったと。
これをもって色そのものがわかった,「恐竜の色を初確認!」
と見出しで言い放つには言い過ぎの感がなくもないですが
化石の電顕調査で生存時の色素の種類なんてわかるんですね〜。
生物学って,行動学や生態学の一部を除けば
つきつめるとどうしても化学・物理の世界に行ってしまわざるを得ない
(生き物が好きなだけでは極められない)厳しいものがありますが
けど,こういう成果には夢を感じます…。

前々回,セキツイ動物の陸上進出の起源や時期について
醒めたことを書きましたけど,まあほんのデリケートな違いでねw
基本的にはあの研究成果についても「おおー」と感銘を受けてはおります。(^_^)

バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

本実物大 恐竜図鑑
デヴィッド ベルゲン,真鍋 真
小峰書店

→Amazon
本恐竜検定公式ガイドブック (アニマルプラネット動物検定シリーズ)

学習研究社

→Amazon


本化石/東方書店(中国直送):季刊→Fujisan
ラベル:化石 恐竜の色
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人