2009年12月23日

●白黒の危険なヤツ

冬至も過ぎまして,これから昼が徐々に長くなっていくんですね。
とはいっても,寒さはこれからますます本番といったところ。
色々バタバタ忙しい師走の下旬,こないだの週末もあっと言う間に
空費して(M−1面白かったけど),この貴重な休日にいろいろ
やっておきたい事が山積みなのに…

さて,今回も4コマでいきます。
この動物,知ってました?
では,どうぞ (^o^)/

<<前回の小ネタ「空中○○ンコ」


moebio091223 白黒1.jpg
moebio091223 白黒2.jpg

定期的に連載,更新してる人ならこの季節・この日に
こんなネタをUpしないでしょうけど…すみません(汗)

ゾリラって,今年までその存在すら知りませんでした…
世界の主な動物は小学校入るか入らないかくらいの頃に
図鑑であらかた覚えたつもりでしたけど,
当時の図鑑には載ってませんでしたからね。
(そこで知識が止まっているのもどうかと思うけれど,意外とそれ以上の
 知識って案外世の中に流れていないもので。ハダカデバネズミ
 とかはともかくエリマキトカゲやアホロートルもあの時点で知ってたと思う)
ラーテルくらいは知ってましたけど,その生態とか
皮が丈夫でやたら伸びるなんて特性も今年に入ってテレビで知ったくらいで。

で,アメリカ大陸のスカンクにアフリカ大陸のゾリラ。
まるっきり独立した進化を遂げてるはずなのに
臭い(毒)液体を拭きかける攻撃方法と
見事にそっくりモノトーンの警戒色。
ペンギンの黒白2色のカラーリングも水中で魚たちにパニックを
起こさせる効果があるといいますし,人間界でも欧米の漫画によれば
その昔白黒のシマシマは囚人服に使われてたみたいですし
お葬式の鯨幕もそれ自体がショッキングというか非日常の精神状態を
呼び起こすものなのかも。
シマウマのシマシマも,集団でいると1頭1頭が見分けにくく
襲われにくいみたいな説明をされることがありますが,
襲うほうからすれば1頭だけでもチカチカして気持ち悪い
ものなのかもしれませんね。


バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


知っておきたい謎・奇妙・不思議ないきもの (なるほど!BOOK)
上林 祐
西東社 (2009/06)
※背表紙なんか見ると『へんないきもの』のパクリ感満々の本ですが,動物から虫から絶滅動物,UMAまで多岐にわたって面白いですよ。
→Amazon
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人