2009年11月17日

●Lesson1-03 (p11)濃度?Noどう?能動You so?!

最近,雨多いですね。
今年も残り1か月半か…。先日「流行語大賞」ノミネート語が発表され
12月の頭には表彰式がありますけど,私ここ数年これの予想遊びをやってまして
今年は「草食系男子」で決まりだと思っているのですが,あなたの予想は
どうですか?→今年2009年のノミネート60語はこちら。
「草食男子」「草食系/肉食系」と2つノミネートされてますけど,
本番ではそのどちらでもない言葉が選ばれるというのもよくあることなんです(;^_^)

鳩山首相の「友愛(精神)」ノミネートすらされていませんね…
安倍政権のときも「美しい国」などがハブられてましたからそういう方針なのかもしれません。
あと,「逆チョコ」,今年前半はネットやTV新聞などですごく飛び交っていた言葉かと思いますがノミネートされませんでしたね。今の季節には忘れ去られているだろうとは思いましたが,「森ガール」とか「地デジカ,アナログマ」「シンゴーシンゴー! ○で何が悪い」もないですし。選考係,かなり鈍い感じがしますよね。

さてLesson1−03「細胞膜と物質の出入り」,
ここまで半透膜としての細胞膜を通じての水の出入りを
やってきましたが,今回は膜タンパク質の機能について。

では,どうぞ (^o^)/

<<p1から読む  <<前のページ(p10)を見る
moebio081117_浸透圧-11-1.JPG
moebio081117_浸透圧-11-2.JPG
<<p1から読む  <<前のページ(p10)を見る 




バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

本サイエンスビュー 生物総合資料
長野 敬,牛木 辰男
実教出版 (2009/02 増補四訂版版)
304ページ ¥ 820 !
※オールカラー・大型本でこのページ数でこの値段!そしてすごい改訂頻度。その度に新しい情報・詳しい内容を積極的に取り入れる貪欲な編集方針に感嘆。
→Amazon
さてあとはイオンの移動についてざっとやっておこう。ここまでやってきたように細胞内外の浸透圧の違いによって水の出入りが起こるわけだがじゃあその浸透圧差,内外の物質の濃度差はなぜ生じるのか?って話だよな。生体膜には,内外の濃度差にさからって物質を移動させるしくみがあるってことですよね。その代表がナトリウムイオンを細胞外に排出するナトリウムポンプだな。こんなふうにエネルギーを使って濃度差にさからった膜内外の物質移動を起こすはたらきを能動輸送という。あと,濃度差にはさからわないけど特定の物質だけを通す膜タンパク質もありますよね。チャネル(channnel)は船が通る水路や海峡のこと。テレビのチャンネルも同じ言葉なんですよ。(細胞内液) 2155微量1001404.5(細胞外液)2.565ヒトの赤血球Na+K+Ca2+Cl−ナトリウムポンプATPADP (細胞内)(細胞外)ナトリウムチャネルATP 分解酵素としてはたらく膜タンパクの一種が,ATP を分解して生じたエネルギーを使ってナトリウムイオン3個をくみ出しカリウムイオン2 個を取り込む。そこでこのタンパク質は,酵素として,Na+−K+−ATP アーゼともよばれる。前に出た,水を通すアクアポリンもこれにあたるわね。閉じると通れない
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人