2009年10月29日

●Lesson1-03 (p9)植物細胞圧力のグラフ

最近更新が滞り気味ですが
私は元気です。季節の変わり目で風邪っぽいというか寒気がしたり
ハナが出たりのどに違和感を覚えることもありますが
元気といったら元気です。

さてLesson1−03「細胞膜と物質の出入り」,
植物細胞と水の出入り,教科書に出てくる
あのグラフが出てきますよ。

では,どうぞ (^o^)/

<<p1から読む  <<前のページ(p8)を見る
moebio081029_浸透圧-9-1.JPG
moebio081029_浸透圧-9-2.JPG
<<p1から読む  <<前のページ(p8)を見る  次項有次のページ(p10)へ進む

このグラフ,ゆとり教育の余波といいますか,
(高校の理科はそれ以前から学習指導要領が改訂されるたびに
 削除削除で内容が減らされてきていたんですけどね)
生物I,その前の制度の「生物IB」の教科書では
載っていなかったんですけどね。近年の脱ゆとりの動きで
「発展的内容」扱いで復活してきました。

というわけで,このグラフ,何がいいたいグラフなのか,
「吸水力」とはどういう値なのか,次回で説明しまーす。



バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

●体積変化が止まったときの細胞内液の浸透圧高張液 低張液動物細胞細胞外液の浸透圧ー膨圧植物細胞への水の出入りはこの低張液につけたときに生じる膨圧がポイントね。植物細胞と浸透圧について勉強したらこの定番のグラフをやっておこう。植物細胞の体積と圧力の関係だ。0.9 1.0 1.1 1.2浸透圧膨圧吸水力=浸透圧ー膨圧高張液につけたとき低張液につけたとき細胞質の体積(相対値)← 圧 力原形質分離内外差が大きすぎると破裂ここで出てきたか「吸水力」植物細胞が吸水してふくらむと,膨圧が生じて,浸透圧は逆に小さくなる…何がいいたいグラフなんですか?1.0 から始めて蒸留水につけたときを考えるとわかりやすいわね。
ラベル:植物細胞 浸透圧
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人