2009年10月07日

●Lesson1-03 (p4)浸透「圧」って?

10月に入り,衣替えといいますか,世間は
スーツ姿の人々ばかりが行き交う通勤タイムという感じですが
個人的には上着着なくていい,着たら暑い,汗かく,
まだそんな季節な今日この頃。

さてLesson1−03「細胞膜と物質の出入り」,
火曜に更新予定と書きましたが日付変わってしまいすみません。
“火曜深夜”ということでご容赦のほど…。
浸透圧について,前回の説明でわかっていただいた方も
いらっしゃるとのことですが,もう1ページ続けさせてくださいね。

初っ端から副部長が
「教科書に出てこないからテストにも出ない」なんて
言ってますけど…

どうぞ (^o^)/

<<p1から読む  <<前のページ(p3)へ
moebio081006_浸透圧-4-1.JPG
moebio081006_浸透圧-4-2.JPG
<<p1から読む  <<前のページ(p3)へ  次項有次のページ(p5)へ

浸透圧についてどんな現象かということについては
前ページで示し,今回はどんなしくみなのか,
わかりやすく説明したつもりですがいかがでしたか?
化学的・物理的に厳密に正しい解説をつきつめたら
異論もあるかもしれませんが,イメージをつかむために
この説明のしかたはいい線いってるんじゃないかと思います。
(大きさの変化に伴うゴム風船の張力の変化については
 無視するということでお願いします)

「わかった感じだったのに,余計な説明が加わって
 ややこしくなった」「話のつながりがわかりにくい」
「いきなりmolて」
などの問題がもしございましたらコメント欄に書き込んでください。
その他ご意見ご感想などいただけると嬉しいです。

さて次ページからいよいよ
細胞と水の出入りについてです。



バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

本気体分離膜・透過膜・バリア膜の最新技術 (新材料・新素材シリーズ)
永井 一清
シーエムシー出版

→Amazon
前ページの実験も,U字管を2つのゴム風船におきかえてみれば,圧力が生じることと液面が動くことがつながるだろ。ちょ,待てよ。水圧って深さによって変わるだろ。水の圧力と溶質がつくる浸透圧とじゃ大きさが全然違うでしょ。だから上の式は濃度が低い溶液にしかあてはまらないんだよ。そういうわけで,浸透圧は次のような式で求めることができる。 mol?!難しいですモルは,分子などの粒子が6.02×1023個集まったものを1とする単位よ。分子量にgをつけたものがその質量になるから計算しやすいの。この式は教科書には載ってないしテストも出ないから大丈夫よ浸透圧= 0.082×濃度×絶対温度気体定数 mol 〔K〕L 273+ t ℃水 半透膜スクロース水溶液風船水圧 < スクロース水溶液の圧力圧力の大きい方に水が移動する10m 深くなるごとに1気圧大きくなる。それが水圧。
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:32| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて読ませていただきましたっ!!
この漫画わかりやすくておもしえろいですっ★

質問ですっ(-O-)…♪

『圧力が大きい方に、水が移動する』
とありますが、

Q1.なぜ圧力の差が出るんですか??

Q2.(移動するのは、濃度を均一にするため。
    ということは、わかるんですが…)
   スクロースと水は違う物質なのに、
   なぜ水が移動しただけで濃度が均一に
   なるんですか???

教えてくださいっ(>_<)!!

Posted by NANA at 2011年06月19日 11:51
感想と質問ありがとうございます!

えーと,今回の質問ですが…
よく考えて…というか,あまりややこしくとらえず
単純に考えてもらったほうがいいと思います。

Q1に答えようとしたら話がどんどん難しくなってしまいますし,
Q2はスクロース=砂糖,つまり単に砂糖水の話ですから
砂糖水に水を足せば薄くなる,それだけの話ですよ。
Posted by ドージマ at 2011年06月20日 23:58
そんなに難しくとらえなくていいんですねっ♪
ありがとうございましたっ(^^)☆
Posted by NANA at 2011年06月23日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人