2009年10月03日

●Lesson1-03 細胞膜と物質の出入り(p3)

月が替わって今年も10月。
一昨日昨日と個人的にすごく嫌なことがあって
空模様もここ数週間の中で一番といっていいくらい
おそろしく崩れました(山や野原の生き物にとっては恵みの雨かもしれませんね)
が,今朝ざっと降った後は急速に天気も回復,こちらも更新できる状況に
なって,中2日空けての更新です。
(ついさっきイグノーベル賞のニュースで更新したばかりですけどね。
 そういう状況であります)

Lesson1−03「細胞膜と物質の出入り」,今回は
浸透圧の説明の仕上げです。
この説明で理解していただけるとありがたいです。

では,どうぞ (^o^)/

<<p1から読む  <<前のページ(p2)を見る
moebio080930_浸透圧-3-1.JPGmoebio080930_浸透圧-3-2.JPG
<<p1から読む  <<前のページ(p2)を見る  次項有次のページ(p4)へ

今回は膜の透過性によって3種類に分けられるというお話。
つづけて浸透圧について解説いたします。




バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になった,「生き物愛」を感じたという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

本気体分離膜・透過膜・バリア膜の最新技術 (新材料・新素材シリーズ)
永井 一清
シーエムシー出版

→Amazon

posted by ドージマ・ダイスケ at 17:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主人が浸透圧が違うからとか言ったりしますが、浸透圧の意味がよく分からないまま「ふーん」なんて聞き流していました。
なるほど、U字管とおもりの絵で理系でない私にも大変よく分かりました。
Posted by 青い風 at 2009年10月04日 12:37
お役に立ててなによりです(^_^)
今シリーズはまだ序盤ですので引き続きおつきあいいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくです。
Posted by ドージマ at 2009年10月06日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人