2009年09月22日

入門レベルからいける生物II参考書 『これでわかる生物2』

9月も下旬に入り,涼しさももう普通という感じになってきましたが,今日もツクツクボウシの声,聞こえました。頑張ってます。夜はもうアオマツムシの天下という感じの大合唱。ただ,かなり長い間,アオマツムシの姿を見ていないんですよ。子どもの頃はよく捕まえていたのになぜなんでしょう…?

さて今回は,かなり久々になりましたが,高校生物の参考書・問題集紹介,いってみたいと思います。
かなり珍しい,「生物II(生物2)」単独の参考書です。


_

本高校これでわかる生物2 (シグマベスト)
 文英堂
/(2009/06) 192ページ 1470円(1400円+税)
 →Amazon
 ※画像は「生物1」の表紙カバーです。

※学校の授業に合わせて使いやすいように教科書の内容を小項目に分け、わかりやすく解説したグラフィックな参考書。「ホッとタイム」のコーナーでは、生物に関するいろいろな話題やクイズを満載。各章末には、「テスト直前チェック」「定期テスト対策問題」を収録。


木原アイコンs「生物I」に比べて「生物II」は履修者が4分の1くらいしかないから単独での参考書ってのは珍しいんだよな。まして理科の「II」科目ってのは“わざわざ”とるものというイメージが強いから,生物のIIを選択する生徒は最初から割安の「I・II」合冊タイプの参考書を買うだろう,さらに受験で生物を選択する生徒はセンターだけなら「I」単冊,2次も受けるなら「I・II」合冊を買う…ということで,「生物II」の参考書が出るのはとても珍しい。

   チャート新生物2_表紙         

美加理アイコン(hmu)s「生物II」というと,『チャート式』が出ていましたよね。

木原アイコンsそれ以来ってことだな。
で,珍しいというのはさらに,この『これでわかる』シリーズはチャート式のライバルではなく,もっと易しいタイプの参考書なんだ。文英堂から出ているチャート式と同格の『理解しやすい』シリーズではT・II合冊タイプが出ているんだよな。

『理解しやすい』改訂版と『チャート式』比較(09/05/02)
『理解しやすい生物I』初版と『チャート式新生物I』比較(07/04/03)

樅男アイコンsほう。

史絵アイコン(tohoho)sやさしめの参考書ということですけど,あまり詳しく扱っていないってことですか?

これわか生2_筋収縮.jpg

これわか生2_生態分布.jpg
木原アイコンnika_sこれが意外と,後から出た本だけあってガードンとかスチュワードといった意外と参考書や図説で抜けている人名,用語がちゃんと出ていたり,iPS細胞も特集で扱っていたりと,かなりしっかりと生物IIの内容を押さえてある。
易しめというのは表現方法にある。一部例外もあるが,極力見開き2ページで1つの単元が完結するようになっており,個々の事柄についての解説がかなり簡潔に書かれているので,知りたい事柄について手間をかけずに読めるように編集してあるんだ。
涼アイコン(niko)s文章が短いのは助かります。
史絵アイコン(niko) s図も多いから読みやすいし,詳しい内容もこの中で説明しているんですね。
 写真も,カラーなのでわかりやすいですね。

美可理アイコン(niko)s写真は,アルビノのカラスとか保護色になったオオシモフリエダシャクのが面白かったわ。

これわか生2_学名クイズ.jpgこれわか生2_指標生物.jpg
木原アイコンnika_s面白いといえば,編末に入っている「ホッとタイム」,いくつかはクイズになっているが,答えが言葉になっているものもあって,何になるかは解いてのお楽しみだな。
美加理アイコン(hmu)s入試問題は「II」からの出題が多いってやってましたし…。「理科は苦手だけど,一番なんとかなりそうな生物でしかたなくIIをとる」って子にはおすすめの本,って紹介ですね。
木原アイコンnika_s生物の基本ともいえる分類やニュースなど日常生活との関連が強い環境問題といった分野は「生物II」の範囲なので,「忘れてしまった高校生物の復習」的に買う人とか公務員試験の一般常識問題対策なんかでも使えると思うぞ。いちおう章末に重要項目のチェックや練習問題が入ってるしな。

樅男アイコンs「ちなみに,この9月より『これでわかる生物II』準拠版問題集『これでわかる生物II基礎反復問題集』が発売されています。合わせてお買い求めいただけばAmazonで送料無料になる1500円を超えますが,11月4日まではキャンペーンにより1500円以下でも本は全品送料無料です。この機会にぜひお買い求め下さい」

美可理アイコン(niya)s何?!そのセールストーク…


バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


次項有カテゴリー【参考書・問題集】のエントリー

本これでわかる生物1基礎反復問題集 新課程版―高校 基礎からのシグマベスト
文英堂
※画像は「生物I」の表紙カバー

→Amazon
本忘れてしまった高校の生物を復習する本―生物の基本、ここが面白い!
大森 徹
中経出版

→Amazon

posted by ドージマ・ダイスケ at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人