2009年07月25日

お台場でカキが取り放題という噂が

皆さん,お暑い中お元気ですか?
私はお台場へ行ってきました。

もちろん目的は

090725_お台場ガンダム.jpg
 これなわけですけどね。

 シリーズ開始30周年記念のお台場ガンダム,
 当時小学生で放送当時はリアルでシリアスなストーリーに
 全くついていけず,再放送で同様にはまったという
 当時の世間でありがちな少年の1人,というか
 もう日本人として
 こりゃ行っておかにゃ,って感じです。


で,せっかく行ったついでですから
近辺をうろうろ散策してきたわけですが,
090725 お台場海浜公園.jpg ガンダムが設置されてたのはお台場の潮風公園,
 すぐそばは海,海浜公園。

 水辺まで下りてみると,カニやらヤドカリやらエビやら小さな海の生き物が密集といってもいいくらいそれはそれはたくさんいたものでした。ほんの5,6m先をのんびりすい〜っとウが泳いでいたり,ほら,カニとイソギンチャクが1階と2階に同居してる。なんて。 
090725 カニとイソギンチャク.jpg

090725 お台場海浜公園看板.jpgあれ,これカキの殻だよね。よく見たら,ここの海底,カキの殻がびっしり…
っていうか,殻じゃなくてカキそのものも転がってるじゃん。
そういや,アサリかなにかを採集してる人がいるよな。水に浸かって,採取っていうより収穫してるって感じの人たちも。
公園の看板を見直してみると,このあたりは釣りとか生き物採取は制限解除ということでオッケーなんですね。

090725 お台場で拾ったカキ.jpgんじゃ,
ひょいひょいひょいと,ものの2分とかからず拾ったこのカキ,持って帰ってみましょうか。アサリとるよりこっちのほうがよっぽど簡単で上等な感じしますしね。

手持ちのレジ袋に突っ込んでエコバッグの中に入れて,帰りの途中にコンビニで氷を買って(1kg260円のは多すぎるので200g116円のやつを)熱くならないようにした程度で持って帰りましたけど,もともと真夏の潮が引いたら地上に晒されるようなところにいるカキのこと,余裕で家まで保ちました。

090725 持ち帰ったカキ.jpgカキって海底の岩に貼り付いているのかと思ったら底に転がっていたわけですけど,今回持って来たそれぞれのカキ,複数の個体が互いに貼り付いたかたまりだったんですね。どうしても分離できないペアもありましたけど,はがしてみると,こう。殻を開けるとききたなくならないよう,ブラシで汚れを落としてます。


090725 カキ調理1.jpg(それにしてもこのカキ,プリプリである)
カキの殻を片側むいた状態の写真が保存できてなくてお見せできないんですけど,食品としておなじみの殻付きカキと違ってところどころ殻がもろかったりして身に殻の破片が混じらないよう注意が必要です。


で,皆さんお気づきのことと思いますが,
私もこの思いつきを行動に移す前に当然気づいていたわけですが,
常識として,夏のカキはヤバイ

何がやばいって,たしかウイルスに感染して
お腹がピーゴロしちゃうんですよね?ノロでしたっけ?
じゃ,しっっっかり熱を通せば大丈夫じゃね?

090725 カキ調理2.jpgあとは都会の海だけに臭くないか?みたいなことも気になるわけですが,かつて『探偵ナイトスクープ』で淀川のカキを料理したときに何か処理をしてなかったかと検索してみたものの全然ヒットせず。なので,テキトーに酒蒸しならぬブドウ酒蒸し(赤だぞ大丈夫化よ?!味の相性的に)。さらに,同時にバター焼きもやってしまおうという強引な戦法に。

やってて自分でよくわからない感がなくもないですが,思いっきり熱を通して中毒の危険を極力排除しつつ,ワインの風味とバターの香りでカキの生臭みも消したいと,本能が要求するんですよ。


090725 カキ調理3.jpgこうやってノリノリでやってる私でありますが,実は若干カキが苦手なんですよ。まず最初,子どもの頃あの味と風味が嫌いで,それは大人になって克服したんですけど,一度ジューシーな状態の牡蠣を大量にお腹に入れた反動で気分が悪くなっちゃったことがあって,カキを見ると舌が受け入れても胃とのどがトラウマを感じる体になっちゃってるんですよね。いくらおいしくても生っぽさがちょっとでも残ってる状態では気分良く食べられないので,念〜〜入りに熱を通して香ばしくしてしまおうと。


090725 カキ調理4.jpgそしてフィニッシュ。食べま〜す!

念には念を入れて,いざとなったらカレーの風味でカキの風味を消して食べようという戦法。さらには,「味覚人飛行物体」こと小泉武夫先生が「これを食べればどこへ行っても腹をこわすことがない」と推奨する納豆も添え,(今回使ってないのでまな板から移る心配はないですが万一手から移る可能性なども排除すべく)生ものを避けて野菜・果物なしの夕食に。


で,食べました。

ふつうに美味かったです。

興味を持たれた方は,ぜひどうぞ!
自己責任で。

たぶん,食中毒の心配もなさそうです(24時間以内に何か異変が起きた場合はブログ内で報告します)


バッド(下向き矢印)少しでも参考になったという方はクリックいただけるとうれしく存じます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

本牡蠣礼讃 (文春新書)
畠山 重篤
文藝春秋

→Amazon
本人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド (日経ビジネス人文庫)
小泉 武夫
日本経済新聞社

→Amazon

ラベル:お台場 カキ 牡蠣
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:02| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若いって素晴らしいと思いました!
磯のカキをいとも簡単に採集し、料理して摂取するなど、その迷い無き行動力に感服いたしました。

それにしても海浜公園って無制限採集解放区なんですね。
生き物好きには天国のような所ですねえ、麦わら帽子かぶってのんびりハゼでも追いかけようかな?
おじさんも行こうと心に決めた、夏の日でした。
Posted by にゃー at 2009年07月27日 19:27
いいなぁ、ガンダム見に行けて(←ここに食いつく世代)
牡蠣を食されたあと、お元気そうで良かったです。
「人間はこんなもを〜」興味深い本です。
どんなものを食べたんでしょうねぇ。

Posted by ゆき at 2009年07月29日 20:38
コメント有難うございます。

> にゃーさん

いつの間にか若いと言われると恥ずかしい年になってしまいましたけど
精神年齢はかなり若い,というか子どもみたいなところがありますね。
迷いなくと言われると,食べようと行動に移すには
ほかにもいくつかの危険について検討した末でのことなのですが…
まあ,確かに迷わずやってしまった感じですね(^_^)
その場で誰もやってないってことをパッとやってしまった
ところは,よくも悪くも若かったと思います。

「若い」…いいなあ。
これからしばらく自分のキーワードの
1つにしたいと思います。


> ゆきさん

いつもありがとうございます。
お台場ガンダム,いいですよ〜。
8月末までに機会があればぜひ!(遠いか)

> どんなものを食べたんでしょうねぇ。
つい先日,アウトドア系タレントの鉄崎幹人さんが
アカミミガメを食しまして,それがきっかけで
なかなか変わった食材が寄せられたとのこと。
興味があればどうぞ↓
http://mikihito.hamazo.tv/e1915568.html
Posted by ドージマ at 2009年07月30日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人