2009年07月03日

大物家守君

先日,職場からの帰り,車のライトに一瞬その姿が浮かび上がったのを見つけ,
思わず拉致ってきてしまいました。

けっこうな型,久々に見る大物です(サイズ測り忘れた…)

090702 ヤモリ.jpg
ヤモリって,いいですよ〜。
ワニっぽいワイルドな顔が逆になんとも愛嬌があってかわいいし,
カエルのぺとっとした潤い肌も
カナヘビのざらっとした肌もいいですけど
そのどれとも違うさらっとした柔肌の感触。

パクッ
090702 ヤモリガブリ.jpg
攻撃的,でも非力w

ヤモリは高温に弱いのか,手の中に握って連れて帰ると
なんか弱ってしまいますね(冷ますとじきに回復しますが)。

吸盤もないのにガラスのようなとっかかりのない壁も
とらえて昇ることができる指は,特殊な接着技術に応用される
(愛知万博イギリス館展示などで話題に)ほどの超能力でありますが
握力はほとんどないに等しいですね。

いろいろ観察させてもらいましたが,
いくら代謝の少ないは虫類さんとはいえ,
ずっと生き餌をまかなえる手段も飼うスペース(容器)もないので
この後すぐリリースいたしました。

バッド(下向き矢印)少しでも参考になったという方はクリックいただけるとうれしく存じます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ヤモリの指―生きもののスゴい能力から生まれたテクノロジー
ピーター フォーブズ
早川書房

→Amazon
ラベル:ヤモリ
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメはお久しぶりです。

ヤモリって可愛いと思いますが手ではちょっと触れません。
5〜6年前西表島に行った時、ホテルの部屋に「ヤモリは益虫です。嫌ならそっと逃がして」みたいな事支配人名で書いてあってなかなかいい配慮してるなぁと思いました。

家でも時々見かけます。4〜5センチの赤ちゃんなんかホントに可愛くて家の中だとネコがいるので外に逃がします。
そー言えば二階にトカゲが入って来たのをネコが見つけ尻尾を切ったら切れた尻尾だけがくねくね動いてました。
どー言う構造なんでしょうね。
Posted by 青い風 at 2009年07月12日 11:08
ごぶさたですね。コメントありがとうございます。

たしかハワイでもヤモリはラッキーアイテムの扱いで,
見つけたらラッキー,アクセサリーなどにデザインされたりして
南の島では大切にするところが多いようですね。

しっぽを自切してピチピチ動くのはトカゲの類には
共通のようですね。恐竜も(トカゲとはかなり系統的に
遠いのですが)おなじようにしっぽを切ってたなんて
説を聞いたことがありますが…どうなんでしょうね。
Posted by ドージマ at 2009年07月15日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人