2009年07月01日

●ウイルスとストーム(嵐)(1ページ)

今日本列島は梅雨のまっただ中ということで
先日「●「菌」と「細菌」」をUpしましたが,
菌類と並んで細菌とごっちゃになりやすいのがウイルス。
ウイルスは細菌と違うどころか,生き物ですらないと
いうことになっています。

ウイルスといえば,今年はメキシコに端を発した
新型インフルエンザの流行で世界中大問題になっていますね。
そんなことも絡めながら生物部員が雑談してます。

では,どうぞ (^o^)/

moebio090630 ウイルスのストーム.jpg
moebio090630 ウイルスのストーム2.jpg

オチになっていないというか,話の途中みたいな感じで恐縮ですけど
新型インフルエンザ,日本は「感染者の疑い」が
見つかっただけでマスコミが大騒ぎ,高校生と引率の先生だったか,
最初の感染者が見つかると日本全国?プチパニック状態で
店という店のマスクが売り切れて一時期町中マスク姿の人だらけに
なりましたけど,今はもうマスク姿の人なんていやしない。
当時とその前と今とでそれほど状況が大きく違っているとも
思えないんですが…いったいなんなんでしょうね。

ちなみに,「インフルエンザ菌」という細菌も実在するのですけど,
インフルエンザの原因ではないとのことです。

ペン「人獣共通感染症は撲滅不能」〜高田 礼人 氏(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 教授)
※インフルエンザウイルスやエボラウイルスについて簡潔かつ詳しく説明されています。

新型インフルエンザウイルスの絵の資料:
カメラasahi.com(朝日新聞社):「新型インフルウイルス、実は細長いインゲン形」 - サイエンス
http://www.asahi.com/science/update/0615/TKY200906150017.html


今年もますます勢い衰えない「脳」ブーム,
キムタク主演で『Mr.Brain』なんてドラマもやってますけど
「ブレーンバスター」とか「ブレーンストーム」とか
「ブレーン」とつく言葉って前からありますよね。
「ブレーンストーム(ストーミング)」って,聞いたことがあっても実際にしたことのある人ってほとんどいない言葉の代表みたいに思ってるんですけど,やったことのある人,日常的にやってるっていう人,いらっしゃいますか?

余談ですが「ブレーンストーム」って直訳すると
「脳嵐」ってことになると思うんですが,
「脳嵐」っていうと,そういう名前(no-arashi)の無国籍音楽ユニットがいたり
http://www.noarashi.com/
「脳嵐 大喜利くらぶ」ってサイトがあったりするんですよね。
http://aronline.jp/contact/toukou_nou-arashi.html

バッド(下向き矢印)少しでも面白かった,または参考になったという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ブレーン・ストーミング・ティーン / Brain Storming Teens
いまい まさこ
文芸社
※広告代理店コピーライターであり脚本家の今井雅子が「大人になることに希望をもてない年下の人たち」に向けて書いた青春広告小説。家と学校を往復するだけの毎日にタイクツしていた普通の女の子・摩湖は、ひょんなことから外資系広告代理店Mエージェンシーの高校生ブレーンに。まったくキャラの違う操、雛子と出会い、戦略企画室の高倉さん、三原さん、三国さんと一緒にアイデア出しをするうち、仕事の楽しさと難しさを知り、未来に夢を見いだしていく。キャンペーンの組み立て方、コピー開発のヒントなど業界知識も身につき、元気と勇気とアイデアが湧く一冊。就職活動のやる気も出ます。
→Amazon
すずちゃん,風邪?!はずかしいです…。馬鹿は風邪ひかないっていうけど,夏かぜはバカしかひかないのな。人にうつさないようマスクをするのは正しいわよ。1人感染者が出たニュースで町中マスク姿の奴らばかり,でも2週間もたったら誰もマスクしない軽薄な国ニッポンインフルエンザって細菌じゃなくウイルスが原因でかかるんですよね?「ウイルスは生物ではない」って教わるわよね。遺伝子(DNA あるいはRNA)がタンパク質の殻に入っているだけで,自分だけでは生き物としての活動は何もできないから。新型インフルエンザウイルスウイルスは生きた細胞にとりついて遺伝子を注入することで自分のコピーをつくらせて増殖するの。HIV やエボラウイルスは免疫細胞に感染する恐ろしいウイルスね。エボラはマクロファージに感染してT細胞に活性因子(サイトカイン)を大量に放出させ,全身に過剰な炎症反応を起こさせるの。これで致死率90%という「出血熱」が起こるわけだけど,この現象をサイトカインストームというそうよ。てことは「ブレインストーム」って言葉はさしずめ『北斗の拳』の「たわば!」「ひでぶ!」のようなものですかな?「ブレーンストーミング」というのは,グループで新しいアイデアを出す話し合い方法の1つですね。お互いを絶対に批判しないで意見を出し合うの。全然ちがう!
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜(7/11)たけし司会のTV超常現象特集でインフルエンザのウィルスは上空にあり鴨から鶏、豚、人と移る。新型発生が何故メキシコ発生なのか、メキシコ上空にはUFOが沢山飛来しているのでUFOが撒き散らしているのではないかと言っていました。
なる程とちょっと納得してしましました。
メキシコは冬は無いし、それとも空気が大変乾燥しているのでしょうか?

昨夜のは今までの興味本位のUFO特集と違い、宇宙戦争に備えてアメリカ政府が本気で宇宙開発している事がとても納得出来ました。
防犯カメラに写ったエイリアンもCGとは思えませんでした。
石坂浩二さんマリエさん達複数の人が見て携帯カメラでも撮られた緑色の人間の存在も本当だと思います。

これから地球はどうなるんでしょうか?
怖いです。
Posted by 青い風 at 2009年07月12日 11:47
ウイルスというのは漫画の中でも書きましたように
生きた細胞に寄生したときだけ機能する
分子マシーンのようなものですから
その起源は生きた生物の遺伝子が独立したものか,
はたまた番組で紹介されたように宇宙からやってきたのでは
という説もあるんですよね。

今回ご覧になったという番組ですが,
「今までの興味本位のUFO特集と違い、…」と思われたのだとしたら
製作側としては大成功でしょうね。

地球はこれからどうなるのか…
昭和の時代だけでも今回以上の危機や不安をいくつもくぐって今の日本があるわけですから1人1人がふつうに自分の生活を頑張っていけば大丈夫だと思いますよ。
Posted by ドージマ at 2009年07月15日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人