2009年06月23日

生き物サイト◇『菌の図鑑』(ヤクルト中央研究所)

今日は梅雨の中休みでかなり暑い日となりましたね〜。
私,先日スイカの食べ方のパンフレットにスイカの皮の食べ方とあるのを見つけまして,トウガンみたい煮込んで食べる方法のほか,きざんでシャリシャリサラダ感覚で食べる方法なんかもあり早速実践しております。
ピーラーで外側の堅い緑色の部分をむくのがポイントですね。
あと,スイカの汁って酸化すると独特のにおいが気になっちゃうんで赤い部分はしっかり取り除き,刻んだ後水にさらすのは必須。キャベツの千切りは絶対にそうしない私なんですけど,スイカは栄養が流れ出そうがどうなろうがこうやって食べます。十分さらした後,冷蔵庫に入れて,翌日の夕食の付け合わせに。毎回処置に困らされる,かさばる生ゴミだったスイカの皮がこうしてお腹におさめることができて非常に満足であります。

さて,当ブログでのメインコンテンツであるはずの漫画が
前回の更新から早や1週間,
次回作の準備というか作業は着々と進んでるんですけど
なかなか1ページ目のUpに至らない状況でございます。orz
これで4本連続で漫画以外のエントリーになってしまいますが,
1か月ぶりにサイト紹介をUpしたいと思います。

その前回更新した漫画
『●「菌」と「細菌」(1ページ)』(2009年06月16日 次項有→こちら
に関連しまして,こちらのホームページをご紹介。

サーチ(調べる)ヤクルト中央研究所 YAKULT CENTRAL INSTITUTE
ヤクルト中央研究所.jpg


このサイトのなかでおすすめなのが「菌の図鑑」
「菌」と書いてありますが収録されているのはすべて細菌類。
ヤクルトだけに乳酸菌が多いですが,大腸菌やピロリ菌,
アクネ菌やビブリオ菌,ミュータンス(虫歯菌)
そして1mm近い長さの菌まで,現在24種類の菌が紹介されています。

台風ひとくちに細菌といっても
発見・研究の歴史からそれぞれの形状・性質の特徴など
バラエティに富んでいて面白いですよ。

モバQまた,高校の生物では,乳酸菌が行う乳酸発酵は
グルコースを2分子の乳酸に分解する過程と学習しますけれど,
乳製品をつくる乳酸菌には乳糖しか栄養にできないものがいたり,
乳酸発酵以外の発酵も並行して行ったりと,学校で習う事柄が
すごく単純化された知識だとわかるという点でも
生物の奥深さを垣間見ることができるサイトだと思います。


バッド(下向き矢印)少しでも「生き物愛」を感じた,興味をおぼえた,
 参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


人を助けるへんな細菌すごい細菌―ココまで進んだ細菌利用 (知りたい!サイエンス)
中西 貴之
技術評論社 (2007/09) 207ページ

→Amazon
細菌と人類―終わりなき攻防の歴史 (中公文庫)
ウィリー ハンセン Willy Hansen, ジャン フレネJean Freney (著), 渡辺 格 (翻訳)
中央公論新社(2008/11) 296ページ
¥ 900
→Amazon
ラベル:細菌類 生物
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生き物Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人