2009年06月16日

●「菌」と「細菌」(1ページ)

梅雨に入りましたね。今年の梅雨って,
まとまった雨がしとしとザーザー降り続けるというより
晴れたり,曇っても降らない時間が長くてその間に
ときどき降るって感じで気象庁が梅雨入りを発表した頃には
実感がわきませんでした(というか,基本的に私は気象庁の
発表を信用しなくて,自分の感覚で梅雨とか季節の変わり目を
判断してるんですけどね)。

梅雨といえば,食べ物をはじめいろいろなものにカビが生えやすくて困る季節でもあります。
カビというと,「菌類」に分類される生き物なのですが,世間的に「菌」というと,細菌のことだと思われがちなところがありますよね。「高校生物」的にはどうなんでしょうか。

moebio090616 菌と細菌1.jpgmoebio090616 菌と細菌2.jpg

要するに,カビやキノコの仲間は単細胞の酵母菌以外
「○○菌」ってよばれることがほとんどないってことですね。
逆に,分類のグループとしてカビ・キノコは「○○菌類」と
呼ばれるけれど細菌類は「○○細菌類」とはあまり言わないと。

ここまで読んだところで,あまりすっきりしない
高校生,いませんか?
そう,ここまでの話はこれでいいとして,
それじゃ,テストで細菌の名前が「○○菌」だったか
「○○細菌」だったか思い出せないときはどうすればいいんだ?!
って,思いますよね。

まあ,基準はないというか,語呂で決まったって感じですかね。
「硫黄菌」「鉄菌」じゃ,まるで“光合堀菌”みたいで
語呂が悪いから硫黄細菌,鉄細菌と呼んでるって,そんなノリ。

メタン菌は「メタン細菌」と呼んでも間違いじゃないですし,
学問の分野が変わればこれらの名称も違う呼び名で呼ばれてたり
するんです。例えば,根粒菌も硝化菌(硝酸菌と亜硝酸菌を
まとめた呼び名)もかつては教科書でも「根粒細菌」
「硝化細菌」と書かれていました
し,今でも
研究者の人にはこれで通用します。

硝酸菌のことを「亜硝酸酸化細菌」
亜硝酸菌のことを「アンモニア酸化細菌」と書いた印刷物を
目にするときもあります →例
(正式な用語というより一般の人にわかりやすく意訳したことばなのかもしれません)

そもそも「乳酸菌」や「酵母菌」って生物の進化・系統に
即して分類した名前じゃなくて,
「カエルとサメとヒトは尿素を排出するから尿素動物,
ペンギンとコブラとカブトムシは尿酸を排出するから尿酸動物,
ウナギとミミズとプラナリアはNH3を排出するからアンモニア動物」
と分類するようなもので,思いっきり人為分類なんですよね。
亜硝酸菌なんて真生細菌と古細菌が混在してるグループですし
(古細菌は単細胞の原核生物なのですが,以前に知られていた
細菌(真生細菌)と大きく異なる特徴を持ち,遺伝子的にはなんと
真生細菌よりも真核生物に近いとされています)。


バッド(下向き矢印)ばい菌のバイがカビという意味だと初めて知ったという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ビジュアル図解 よくわかる菌のはなし (DO BOOKS)
青木 皐
同文舘出版

→Amazon

生物教育用語集

東京大学出版会

→Amazon
萌えろ!高校生物T・U ◇ 「菌」と「細菌」生物って「菌」と「細菌」が出てくるじゃんか。あれ,まぎらわしくね?全然ちがう生き物なんですけど…。日本語では食べ物をだめにしたり逆に発酵させたりするものを,まとめて菌と呼んできた…。そしてbacteria を,「肉眼で見えないほど細かい菌だから細菌」と訳したみたいですね。「○○細菌」→ 細菌類「○○菌類」→ 菌類「○○菌」→酵母菌(子嚢菌類)以外は細菌類高校の生物で“菌”と 細菌類つく名前は,だいたいこんなところね。まとめると,酵母菌を除けば「○○菌」と名のつく生物は細菌と考えればよさそうね。「細菌類」は核がない細胞(原核細胞)の単細胞生物で,「菌類」はカビやキノコの仲間ですよね?酵母菌(菌類)大腸菌(細菌類)たしかに,細菌類でも「○○細菌」というのと「○○菌」というのがあったりするもんね…。英語では,菌と細菌ははっきり違うんですけど…(原核生物界)細胞性「粘菌」は別のものとして考えてね。菌類 (菌界)大腸菌肺炎双球菌乳酸菌酢酸菌紅色非硫黄細菌紅色硫黄細菌緑色硫黄細菌硫黄細菌硝酸菌亜硝酸菌※根粒菌「変形菌」「卵菌」はほとんど「類」のついた形で出るから。鉄細菌水素細菌メタン菌※※炭疽菌放線菌酪酸菌コレラ菌ピロリ菌細胞性粘菌類変形菌類卵菌類接合菌類子嚢菌類担子菌類酵母菌(↑教科書にはあまり出ない)※古細菌も含まれる。※※古細菌原生生物界に分類される場合もある。bacteriaはギリシャ語で「小さな棒」という意味。1828 年,顕微鏡で観察された微生物に対して名付けられた。菌類…fungi(ファンガイ) 細菌類…bacteria(バクテリア) fungi,bacteriaはともに複数形で,単数形はfungus,bacterium
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人