2009年05月21日

Lesson4-02 (p8)Oh,Ear!

今回は耳の話8ページ目。
朝でちょっと時間がないので本体部分だけUpしておきます。
あとでブログ文章部分などは追記しますね。


この漫画を描くのにネタ帳というか,思いついたり見聞きしたことを書いておくノートがあるんですが,この耳の構造について「ツッチーきぬたん」とか,今回の1コマ目で書いているダジャレネタを書いたページを見ると,書いたの2007年11月…。思いついてすぐ描かずに寝かせておいてこそきちんとまとまるということもありますけど,これはちょっと,描くまで時間かかりすぎですよね…頑張りますんで,もしこちらの漫画が気に入られたという方,いらっしゃいましたら叱咤激励お願いします。

それではどうぞ(^o^)/

耳<<p.1から読む  <<前ページへ(p.7)
耳の構造(8)-1
耳の構造(8)-2

耳<<p.1から読む  <<前ページへ(p.7)  次項有次のページへ

前のページでも書きましたけれど,
ヒトのからだに関する用語って,学校の理科で習う用語と
医学系で使われている用語(そこからマスコミなどを通じて
日常生活で見聞きする言葉)とずれがあったりします。

耳に関していうと,このような違いがあります。
高校の教科書や参考書それ以外の用語(医学系など)
卵円窓前庭窓
正円窓蝸牛窓,第2鼓膜
基底膜基底板
おおい膜蓋膜
コルチ器官コルチ器


医療機関や医大などで生物教育用語と同じ言い方をしたり,
逆に,聴細胞を有毛細胞と表記する(『チャート式新生物I』)など
高校の教科書や参考書も医学系に倣うということも当然あります。
検定や『生物教育用語集』でカバーされない用語もたくさんありますし
(「やたらに用語を多く覚えさせればいいというものではない」という
 考えもあって,『生物教育用語集』は収録語をかなり絞り込んでいますし)

新しい知識は医学書や医学の研究者に教わることになるでしょうからね。

鼓膜を振動させ,耳小骨を通じて伝わってきた音の刺激は,内耳ではリンパ液の波動に変換され,聴細胞というスイッチを押して,聴神経の電気信号となって脳へ情報が伝えられます。リンパ液の波動も,前庭階と鼓室階のリンパ液(外リンパ)からうずまき細管のリンパ液(内リンパ)への2段階で伝わるんですね。ヒトを含めたすべての生物の起源は海。ヒトのからだを構成する細胞も表皮など一部を除けば基本的に体液に浸っていて,音を受け取る際にも一度は液体の振動に変換するんですね。

このうずまき管,直径1cm強としても,ぐるぐる3回くらい巻いて外→中→外と1往復するとなると,入り口の卵円窓からうずまきの中心まで5cmくらい?出口の正円窓までだと10cmくらいあるんですかね?音は秒速1500mで通過していくわけですけれど,なぜこれくらいの長さのものをくるくる巻いてまで頭の中に格納しておく必要があるのか?それは次のページで。


バッド(下向き矢印)ちょっとでも面白かった,参考になったという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


※過去の漫画はトップページをご覧下さい。


内耳・内耳道 (CLIENT21―21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床)
野村 恭也・本庄 巌・小松崎 篤・星野 知之
中山書店
→楽天books →Amazon
うずまき管の主役コルチ器官の細胞から聞いてみるか。ビジュアル系ですか?ビジュアル系じゃねぇ!サウンド派だ(耳だけに)! オー イヤーOh,EAR!Oh,ear !!俺たち,チョー最高!!(聴細胞)@ 耳小骨の振動は卵円窓から内耳に伝わる。俺たちのヘッドバンギングがエレキのビート(神経の電気信号)に乗って脳までビンビンに伝わるぜ,イヤー(ear)!行きが上で帰りが下を通って,両方が振動すると。音がずれたりしないんですか?菊樹きくのき,水中の音の速さは秒速何mだ?千…五百メートルでしたっけ音がうずまき管の上と下を通るのはほぼ同時ということですね。A 振動は前庭階のリンパ液を伝わっていく。B うずまきの中心までくると鼓室階に基底膜 移って折り返し。うずまき細管C振動はうずまきの外側へ向かって鼓室階のリンパ液を伝わっていく。前庭階と鼓室階のしきりには穴が。D鼓室階のリンパ液の波動が基底膜をゆらすと,聴細胞(有毛細胞)の感覚毛がおおい膜にぶち当たり興奮する。E振動は最終的に正円窓から中耳に抜ける。おおい膜正円窓耳管卵円窓あぶみ骨脳へ基底膜コルチ器官前庭階鼓室階おおい膜聴神経脳へ液体の振動を機械的に受け取って電気信号に変えるのね。いい質問だが…一 瞬
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドージマさん、ありがとうございます。
すごく面白く頭に入りやすいです。
予習にも使いたいので、できたら他の単元も公開していただけたら、なお嬉しいです。
Posted by ドージマさん素晴らしいです! at 2009年05月21日 16:32
ありがとうございます!

> できたら他の単元も公開していただけたら

私も全力で進めていきたいと思ってます!(゚u゚)/
平日日中は普通に仕事勤めしてて,1ページ描くのに数時間はかかってるんで今週のような週3ページ(今夜p9をUpする予定です)はほぼ限界なんですけど,4月2日のエントリーで本気出す宣言しまして,いろいろ工夫して更新頻度を上げて,1ヶ月に1話のペースで完結させられるよう頑張って描いていきたいと思ってます。

漫画に反響いただけると更新への一番の力になりますのでこれからも叱咤激励よろしくお願いします。m(_ _)m
Posted by ドージマ at 2009年05月22日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人