2009年05月18日

深海サイト◇文科省presents「深海ワンダー」

いや〜〜,先週後半は少し冷えこんで風の強い日が続きましたね。
仕事の行き帰りとか買いものとか,外に出ると風に
ビービュー吹かれて,心はT.M.Revolution気分でしたけど,
貴方は強風に服や髪をあおられながら歩くとき,どんな気分になりますか?

さて,この週末はけっこう『Lesson4-02』を描き進めるのに
時間を使ってたんですけど,気づけば更新にだいぶブランクが…(;゚゚)
ほんのしばしお待ちいただきまして,
今回はひさびさ生物関連のサイトということで,
こちらを紹介したいと思います。

深海ワンダー
深海ワンダー.jpg

by文部科学省


やたらいい声の人工知能「ジュール」君の指示にしたがって
「しんかいワンダー号」に乗って深海を探険するというゲーム的なサイトです。
(ですのでPCのスピーカーをONにする必要があります。
 それにしても,あの声…小野大輔さんかなぁ?
 音質があれなのでよくわからないけど,神谷浩史さんとか?)


イベントは次の2つ。

1.操縦桿をドラッグしてワンダー号を動かし,
 魚影を撮影します。そうするとその深海生物の写真が
 「潜水報告書」に登録されます。

 潜水の途中,2回にわたって100秒ずつの制限時間で行われ,
 1度に3つ以上集めるのはなかなか難しいです。
 各生物はA〜Cにランク付けされていてそのへんも
 収拾欲をそそります。

2.最深部に到達すると,オリジナルの深海生物を
 描くことができるお絵描きタイム
に。
 発光するドットで描くのでなかなか面白いものができあがり,
 それを,他の人の作品も漂う深海の闇の中に放流します。

 潜っている間の待ち時間が退屈だったり
 (1度目はよいとして,2度目以降やるときはさすがに
  早送り,途中をとばしたくなります)
 ちょっとバグって延々と潜り続けてしまったり
 (2度目の撮影の後,急流に巻き込まれる中,
  強引なタイミングでシャッターを切るなどすると駄目みたいです)
 いろいろ問題点がなくもないのですが,けっこう楽しめるサイトです。
 文科省,だいぶお金を使ったんじゃないでしょうか?

 写真を集める深海生物はどうやら30種類いるらしく
 コンプリートはなかなか大変ですが,
 いい声のジュール君からいろいろコメントが入ると
 がぜんはりきってしまいますw

 ぜひ一度お試しを。


本【おすすめ本】『深海生物学への招待』(03/08)
iモードJAMSTEC 2008 十大ニュース(03/07)
目深海生物のサイトいくつか(03/03)



バッド(下向き矢印)少しでも参考になりましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

潜水調査船が観た深海生物―深海生物研究の現在
藤倉 克則,丸山 正,奥谷 喬司
東海大学出版会
※数ある深海本の中でも,これが決定盤!高いですけどね(;^^) →3/15に紹介しました
→Amazon
ラベル:深海 ゲーム
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生き物Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人