2009年05月12日

Lesson4-02 (p5)耳小骨だっ中耳。

ここんとこ,月曜には科学・生物関連のニュースを紹介してきましたけど,先週今週あたりは新型インフルエンザAの話ばかりで興味深いニュースがありませんね…。
マダガスカル、新種発見で両生類が倍増(ナショナルジオグラフィック)CNN)くらいでしょうか。世界で4番目に大きい島・マダガスカルは環境破壊がひどく熱帯雨林の8割が失われているそうですが,この度の調査で最低でも129種、最大で221種の新種が発見されたとか。

さてLesson4-02,耳の話も5ページ目。
鼓膜の内側は中耳。中耳って,どうなっているんでしょうか…。

それではどうぞ(^o^)/

耳<<p.1から読む
耳<<前のページへ(p.4)

090511 耳の構造(5)-1090511 耳の構造(5)-2

耳<<p.1から読む  <<前のページへ(p.4)  次項有次のページへ


◆今回はモザイクかかっちゃったりしましたけど,
外耳道と同様,中耳も頭骨の中にあいた穴ですから
外形・輪郭というのがないんですよね。耳管は管ですけど…。

で,
えー,前回のp.4で扱った内容,テスト勉強で読むなら
覚える必要のあるのは「外耳道」,この1語くらいのもんでいしたが
このページで扱った内容も…
おそらく学校のテストでは,「耳小骨」
この1語くらいしか問われることはないでしょうね〜。
耳小骨の名前を3つとも書けたらボーナス点,みたいな
テストを出す先生とかいたら楽しいんですけどね。
高校じゃボーナス点とかないか…。

つち骨(槌骨 Malleus)
きぬた骨(砧骨 Incus)
あぶみ骨(鐙骨 Stapes)

きぬた(砧)の画像・使い方のあるページ

情報処理推進機構:教育用画像素材集
- 匠の技と心 - 染織(せんしょく) - 唐桟縞−斎藤頴・斎藤光司
(とうざんしま−さいとうひで・さいとうこうじ)
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz2/y-kwm/y-fkg/y-fts/IPA-tac560.htm

すべての工程が手作業です。(真岡木綿会館:木綿織り体験教室)
http://www.mokamomen.com/kobo-sagyokotei.html

砧打ち (藍 工 房:沖縄の織物 - livedoor Blog)
http://blog.livedoor.jp/kasurikoubou/archives/cat_28766.html

反物の仕上げ・・・砧(きぬた)打ち
(機織り職人の仕事場から…:2008年08月)
http://teorimono.exblog.jp/m2008-08-01/


テストや入試では出なくても,ヒトの体の中で
最も小さい骨・耳小骨は,
もし折れたりしたら耳はほとんど聞こえなくなってしまう,
大事な大事なパートです。
その存在を覚えてあげてくださいね。

ペン耳小骨 - Wikipedia


さて,次回,中耳の次は,いよいよ内耳かな…?


バッド(下向き矢印)ちょっとでも面白かった,参考になったという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



中耳炎がわかる本―急性、慢性化膿性、滲出性、真珠腫性中耳炎
鈴木 光也/法研
→Amazon

内視鏡画像による急性中耳炎・鼓膜アトラス
上出 洋介,森山 寛/メジカルビュー社
→Amazon
この部分が中耳ね。さよう。中耳炎の中耳だ。中耳炎になるとこの中にうみがたまったり鼓膜が腫れたりする。外耳 中耳 内耳 手でこすれば中が見えるのね。どぉもー!ツッチーでーす!きぬたんでーす。アブリル=ラヴィーンでございます!ぬぁ〜にがツッチーなんだかきぬたんだか。かわい子ぶりぶりする年でもあるまいに。なによあんたこそアブリルってよりアブドルジャバーみたいな顔して!そうよ更に言やメイショウバビーンよ!えーと…あなたたちがヒトの体内で最も小さい骨の…。ZeeShockO2示鐘琴‘s時翔娘U でーす!じ しょうこつ耳小骨つち骨の「つち」は金づちや木づちの「つち」。「きぬた」も,木綿の織物をつくるとき生地を叩いてやわらかくする道具の名前よ。「あぶみ」は,馬に乗るとき足をかける馬具のことね。つち槌 きぬた砧あぶみ鐙あぶみ骨きぬた骨つち骨鼓膜
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人