2009年04月12日

【考察問題対策】『生物実験考察問題入門』 (駿台受験シリーズ)

【bookな?日曜日】
木原アイコンnika_s
前回(4/8)は,受験勉強の早い時期から難しい問題集を買って,それがこなせるような力を到達点として勉強していくスタイルをお薦めして,そのための問題集として『大学入試 生物考える問題100選』『生物考える実験問題50選』 (駿台受験シリーズ)を提案したわけだが,肝心の,そこに到達するための力をつける問題集がないと困るという話があった。そこで,今回は同シリーズの「入門編」として出された『生物実験考察問題入門』を案内しよう。

__

本生物実験考察問題入門 (駿台受験シリーズ)
佐野 芳史
/駿台文庫 (2008/04) 224ページ 1,470円(税込)
→Amazon

※実験考察で使われる科学的な考え方をその基本から解説していくことに主眼が置かれた、実験考察問題の入門書。「科学的に考えるとは?」「実験考察問題へのアプローチ」「複雑な考察問題にチャレンジしよう!」で構成。

木原アイコンnika_s
昨年出た本なのだが,解説と入試問題の2部構成なんだが,第2部の「複雑な入試問題にチャレンジしよう」は1問2ページの過去問が全6問(解答は別冊16ページ)だから,ほとんど解説が主の本だよな。

美加理アイコン(hmu)s

ちょっと意外な構成ですね。例題を解いていく形で考察問題の読み方・解き方を解説するんですけど,項目が問題の内容・分野とは全く関係ないんですね。

木原アイコンnika_s
うむ。第1部は2章で構成されていて,第1章は「科学的に考えるとは」。5つのセクションに分かれているのだが「グラフとデータ」「仮説を立て検証する」など,当然ながら,出題内容よりも形式によって問題をどう読むか,どう答に行き着くかを解説していくわけだ。「グラフとデータ」のセクションでは「時間経過」,「絶対と相対」,「複数要因の関係性を示すグラフ」などパターンやその意味ごとに順を追って説明していってる。第2章ではさらに進んで「実験考察問題へのアプローチ」と題して7つのセクションで解説を進める。

美加理アイコン(hmu)s

生物の参考書や問題集というと,調べ物に使うというか,分野ごとに見たい内容のところを見つけやすい本が便利でいい本ってイメージがあったんだけど,「読み方」・「考え方」を順を追って勉強していく本なんですね。…私は,生物ではそんなに困ったことないというか,わかんなかったら自分で頑張ってなんとかしちゃってきたからあまり必要じゃない気がするんですけど…,けど,自分がなんとなく解いてきた問題でも,きちんとこういうことだと説明されると「ああ,そうか!」って気持ちいいですよね。
でもまあ,最初から順番に読んでいかないといけない本だから,ちょっと面倒くさいかな?

史絵アイコン(niko) s

名前とか用語を覚えるだけならなんとかできても実験の文章や表・グラフなどのデータが出たらさっぱりわからない,苦手って人にはとてもいいと思いますよ。塾の講義を受けている気持ちで何度も読み返していけば,とても力がつく,充実した勉強ができるんじゃないかしら。

涼アイコン(うう…)

でも,この本を開いてみると,ページの途中でセクションが終わって,そのまますぐ次が続いていって…なんかごちゃごちゃっとした感じで難しそうに見えます…。

木原アイコンええ?!s

まあ,そのすっきりしないところが駿台らしいというか…。著者が予備校で講義をしているような語り口調で書いている本ってのは字を大きくして空白を多くして内容の割にやたら分厚くするってパターンが多いんだけど,この本は「科学的に考える」ことを教えたいってことであまり感覚的な読みやすさとか考えてない…?…というか,それだけ中身が濃いってこと…なんじゃないか…な?

美加理アイコン(hmu)s

つまり…,この本は「生物I」と「生物II」(二次を受ける子ならほとんどは「II」まで必要だから)の授業を全部済ませて,受験体勢に入ったところで買う本,ということなんでしょうね?

木原アイコンええ?!s

それでいいと思いまーす。



バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックいただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


_本大学入試 生物考える問題100選 吉田邦久/駿台文庫 (1995/10) 999円(税込)
→Amazon
_本生物考える実験問題50選 (駿台受験シリーズ) 吉田 邦久/駿台文庫(2001/08)
→Amazon
次項有【高難度入試問】1年かけて楽しめ!『大学入試 生物考える問題100選』『生物考える実験問題50選』 (駿台受験シリーズ)(04/08)


次項有カテゴリー【参考書・問題集】のエントリー
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人