2009年03月15日

【究極の深海本!?】『潜水調査船が観た深海生物』

【bookな?日曜日】今日,免許更新してきました。日曜午後の部は空いてますね〜w

わーい(嬉しい顔)さて,この週末京都に帰っていたため
先日お知らせしておりました
J-WAVE『東京リミックス族』で投稿したネタが読まれる件,
思ってたのとは違うのが採用でした。
しょこたん手作りのバレンタインクッキーの話題が
2週遅れでOAされてたことから録音,それも録りだめ?
ってのは勘付いてましたが,投稿ネタの応募からOAまでも
タイムラグがあるんですね。

手(パー)さて,そのJ-WAVE『東京リミックス族』で目下絶賛推奨されている
深海生物関連の本がこちら。

_

本潜水調査船が観た深海生物―深海生物研究の現在
藤倉 克則,丸山 正,奥谷 喬司
東海大学出版会 (2008/03) 487ページ
¥ 7,140(税込)
→Amazon

船しょこたんが「青い本,すごい深海生物の本」と呼び,
かねてより「ある場所に行かないと入手できなくて,
見たこともないような深海生物がたくさん載っていて
他の深海について書いた本では出し惜しみしてたのか
って思うくらいすごい本」
と,
大絶賛され,かつ謎の本的な紹介をされていたのですが,
ここ2週の放送で,その書名など,本の正体が明らかになったというわけです。

晴れ刊行がちょうど1年前ですからけっこう新しいですね。
26.8 x 19.6 x 3 cmと,B5判よりちょっと大きい大型本。
しかも500ページ近いボリュームで,
写真や図版,コラムや解説も充実とのこと。
当然お値段も張りますが,山田五郎さんも
「これでこの値段は安い!すごいコストパフォーマンスだよ」
と太鼓判を押してらっしゃいました。
Amazonのレビューも,同様の感想が主ですね〜。
深海DVD2枚分の値段と思えば,楽しめる時間を考えると
確かに安いかも。

先週のエントリーで『深海生物学への招待』を
推薦したときに「写真が豊富なタイプの本では深海もので
満足できる,ここで紹介したい本はまだない」旨
書きましたけど,これは奮発しちゃうかな〜?!

本【おすすめ本】『深海生物学への招待』(03/08)
iモードJAMSTEC 2008 十大ニュース(03/07)
目深海生物のサイトいくつか(03/03)


バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


本過去のおすすめ本エントリー

次項有その他,参考書・問題集に関するエントリーを読む

地球カタログ 深海生物 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

→Amazon
地球カタログ 深海生物II [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

→Amazon
ラベル:深海生物
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【おすすめ本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人