2009年03月05日

●色と色の名前について(全1ページ)

3月に入っていきなりの寒さ,
首都圏も雪に見舞われました。
足元がグチャグチャにならない程度というのが控えめというかなんというか…。

受験シーズンも,枠的にはかなりの部分がもう決まってきた感がありますが
ラストスパートの人はあとひとふんばりがんばってください!

さて今回は,先日のLesson4−01でやりました
目の構造とはたらきの続編というか番外編というか
視覚といえば光,光といえば色,ということで
光の色について取り上げたいと思います。
(セクハラ・スクハラ疑惑の先生は今回はお休みですw)

それでは、どうぞ! (^o^)/

<<Lesson4-01 目のつくりとはたらき(p1)から読む 
 ※今回はこの話の続きとしてお読みください。

090305_色と色の名前ー1090305_色と色の名前-2

いかがでしたか?
虹の絵がとんでもなく酷いですが,そのへんはとりあえず大目に見ていただいて…


バッド(下向き矢印)ちょっとでも興味を覚えた,参考になったという方,
 次も読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


色覚のメカニズム―色を見る仕組み (色彩科学選書)
内川 恵二
朝倉書店
→Amazon

すみれ色の涙から・・・ 5(紙ジャケット仕様)
ビクターエンタテインメント
→Amazon
●こんにちは。生物部部長の菊樹です。きくのき副部長の沢崎です。今回は,「目のしくみ」でも出てきました,光の色についてお喋りしたいと思います。ところで,一番短い波長側の色,こう書かれることもあります。そういえば,紫外線のことUV(ウルトラバイオレット)っていうわね。パープルじゃなくてそれじゃぁ,サッカーの女子日本代表は,英語で「ピンクジャパン」ですね英語のpink はナデシコのことでもあるんですよ。さわさきLesson4-01,15 ページの図のように,ヒトが見える光(可視光)は,一番波長の長い光が赤,逆に最も波長の短い光が紫色ね。アメリカは6色,ドイツは5色ニュートンがプリズムで太陽の光を分解してこの7色を唱えたイギリスが,元祖「虹は7色」の国だそうですよ。バイオレットはすみれのことだけどほかにも植物の名前をとった色っていろいろありますね。紫藍青緑黄橙赤↑赤外線↓紫外線光の波長と色の関係は虹の色に現れていて,一番外が赤,内側が紫。虹の色は波長の短い順に…虹の色の数は7が普通というわけじゃなくて,藍を除いた6だったり5色や3色,2色など国によってまちまちなんですよ。これは「すみれ」と読みます。英語のviolet はスミレのことなので直訳したわけですね。オレンジラベンダーオリーブレモンアイビー(ツタ)モス(コケ)グリーン菫
ラベル:視覚 植物
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人