2009年02月03日

news◇日本のスズメ,50年前の10分の1?!

【newsな?火曜日】
夜,職場からの帰り道,近所の塀をナメクジが這っていた。
1,2月でこれですよ。あったかいな〜。南関東の立春。 

これは…ちょっと意表を突かれたというか
ふだん思いもよらないけれど,言われてみればそうかも…。

ビルスズメ:国内生息数、半世紀前の1割に 全国調査で判明 - (毎日jp 毎日新聞)

立教大理学部の三上修・特別研究員の調査によると,
国内のスズメの生息数が1800万羽にとどまるとのこと。

スズメの生息数を全国レベルで推計した調査は初めて
(といっても,今回調査されたのは秋田・埼玉・熊本の3県)だそうなので
「最近20年足らずで最大80%、半世紀前との比較では90%も減少したとみられる」
という,過去の数字がどこからはじき出されたものかわかりませんが,
自分が子どもの頃から比べてスズメの数が数分の一に
減ったと言われると,確かにそうかも…という感覚はありますね。
思いっきり蛇足ですが,
文化大革命の頃の中国なら1,2年でそのくらいスズメを殺してたかも。( `ハ´)



子どもの頃,「スズメは人の住むところにしか住まない」と
何かの本で読んだことがありましたが
かつ,田んぼとか畑とか近くにないと食物が少なくて困っちゃう
ってことなんでしょうかね。
スズメって,世間的に田んぼのお米を食べるというイメージが
あるようですけど,田んぼの稲穂から米粒を食べられる時期って
1年のうちほんの短い期間だけですよね。
それ以外の季節は逆に畑や水田の害虫を食べてくれたり
雑草的な植物やその種を食べたりしてるわけで…

そういった食物は空き地とか家の庭でも存在すると思うんですが
スズメが激減するほど本当に緑が減ってるんでしょうかね…?
カエルなどの両生類は間違いなく減っていると思うんですが
スズメとカエルって,全然関係ないような生活をしている
動物ですけど実は同じような環境が必要なのかも。

トキやコウノトリは農薬の影響で絶滅の危機に瀕するまで
個体数を減らしましたけど,今は昭和30〜40年代に比べると
大気や水質の汚染はまだましなはず,今スズメが減っている
理由には直結はしなさそうですね…。

海の世界ではイワシ・サバ・アジといった魚が
入れ替わり・周期的に増減していて
今はサバが多く,イワシはかつてより激減しているそうですけど
鳥の世界でもそんな増加と停滞のサイクルが
あったりするんでしょうか?

みなさん,どう思われますか?


バッド(下向き矢印)少しでも“生物愛”を感じた,
 参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


スズメの大研究 (ノンフィクション未知へのとびらシリーズ)
国松 俊英
PHP研究所

→Amazon
わたしのスズメ研究 (やさしい科学)
佐野 昌男
さえら書房

→Amazon
ラベル:スズメ 生態調査
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人