2008年12月30日

●混ぜるな危険!血液型(p2)

はい!やってきました2ページ目!

「O型の血は他の血液型の人に輸血しても大丈夫だけど
 O型の人はO型の血しかもらえない」
ってどういうこと?
という疑問へ答えるマンガです。どうぞ!(^o^)/

<<1ページ目から読む
081230血液凝集(2)-1



ダイヤ




字が多いですか?
ええ,おかげでUpするのにけっこう時間かかってますorz

いろんな周辺情報を合わせてお届けすることで
読んでさえいただければ,わかりやすく
しっかり覚えていただける漫画にしている
つもりでございます。

まあ,「こち亀」のマニアックな回に比べれば
まだ文章の分量少ないでしょ。ね?

はい,次,いよいよ完結!3ページ目です。次項有Upしました!

バッド(下向き矢印)ちょっとでも興味を覚えた,参考になったという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

パラサイト式血液型診断 (新潮選書)
藤田 紘一郎
新潮社

→Amazon

血液型と輸血検査
大久保 康人
医歯薬出版

→Amazon
ABO式血液型の場合,赤血球の表面にある抗原(凝集原)はAとBの2種類。A B凝集原凝集素これに対する抗体(凝集素)も,αとβの2種類。Aとα,Bとβが出会うと凝集が起こる。血液型A型B型AB型O型凝集原A B A,B なし(赤血球)凝集素β α なしα,β (血清)血液型と血液に含まれる凝集原・凝集素の関係をまとめるとこうなります。ABO 式血液型の判定をするときには,判定する血液を凝集素βを含む「抗A血清」と凝集素αを含む「抗B 血清」に加え,凝集の有無で判定する。この実験の結果がその血を輸血した際の凝集反応と同じなんですな。しかし輸血すると血清も体内に入りませんか?最初にも言ったけど,凝集するのは赤血球で血清には強力だけれど少量の接着剤が含まれているにすぎないと考えるといい。赤血球の大きさ(7 〜 8.5 μm)は毛細血管の直径くらい大きい。血液をかたまらないようにして遠心沈殿させると,4 〜5割が血球。→そのうち98 %が赤血球だ。この割合をヘマトクリットという。献血なんかの成分検査項目にありますね。つまり血液型の合わない血を輸血したら,その半分の量が血管の中でかたまりになる。変形しながら流れるこれが血液1 cm3 の中に500 万個もあるのだ!
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:02| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
輸血について自己学習しているうちにこのサイトに辿り着きました
漫画形式でとてもわかりやすかったんですが
ABO式の血液判定の際
坑A血清はA型血液に凝集
坑B血清はB型の血液に凝集するという
記述のサイトが多数みられますが
どうでしょう?
Posted by 医療系の大学生 at 2012年12月03日 00:34
こんばんは
輸血について自己学習しているうちにこのサイトに辿り着きました
漫画形式でとてもわかりやすかったんですが
ABO式の血液判定の際
坑A血清はA型血液に凝集
坑B血清はB型の血液に凝集するという
記述のサイトが多数みられますが
どうでしょう<img src="http://blog.seesaa.jp/images_e/e/EF5B.gif" alt="?" width="15" height="15" border="0" />
Posted by 医療系の大学生 at 2012年12月03日 00:34
コメントありがとうございます。

ん…抗A,抗Bの説明が間違ってる?
確認します。
Posted by ドージマ at 2012年12月03日 00:46
> 医療系の大学生さん

すみませんでした。
ご指摘受けて,間違いであることは即わかったのですが,この漫画(画像)を修正して「申し訳ありません,直しました」とご返事しようと思ったらpcの環境が,編集・修正できない状態になってまして,とりあえずこのページへの掲載をカットしました。

↓いちおうここには残っています。
http://ddaisuke.up.seesaa.net/image/moebio081230_B7ECB1D5B6C5BDB8-2-2.jpg

直せるようになって修正しましたら
またUpしたいと思います。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by ドージマ at 2012年12月04日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人