2008年12月26日

イベント◆全国13会場でウインターサイエンスキャンプ

【お知らせの?金曜日】 

【 全国13会場でウインターサイエンスキャンプ 】 今週の予定:サイエンスポータル / Science Portal

> 全国各地で高校生を対象としたウインターサイエンスキャンプ08-09が始まった。
> サイエンスキャンプは、先進的な研究テーマに取り組んでいる大学、公的研究機関、民間企業の研究所などを会場に、普段なかなか出会うことのない、実際の研究現場などの第一線で活躍する研究者や技術者から3日間直接指導を受けることができる、実験・実習を主体とした科学技術体験合宿プログラム。
> 今回は、13会場でそれぞれ独自のプログラムが行われる。北見工業大学工学部は1月5-7日、北海道の冬を体験し、雪や氷のことを知るとともに、南極の氷から地球環境変動までを考えるプログラムを実施する。鳥取大学産学・地域連携推進機構は、施設見学・講義・ものづくり・実験を通して、風力発電機の規模、構造や発電のしくみ、風車翼の性能などを学ぶプログラムを24-26日に。山形大学理学部SCITAセンターでは26-28日、すべての生命現象の源DNAをキーワードに、細胞から取り出したDNAの観察と分析、細胞内に存在するDNAの蛍光顕微鏡観察や電子顕微鏡観察を行う。神奈川工科大学創造工学部では25-27日、自律型ロボットの仕組みを、電子工学や機械工学などの側面から体験的に学習し、また、課題を攻略するロボットの設計製作を通して、問題解決にチャレンジする。


次項有サイエンスキャンプ晴れ

このサイエンスキャンプ,文部科学省の科学技術関係人材総合プランの施策のひとつ「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト」の一環だそうで,最先端の研究施設・実験装置等を有する大学・公的研究機関・民間企業の研究所が,夏休み・冬休み・春休みの3日間高校生を受け入れ,さまざまな分野の科学技術分野において研究開発の第一線で活躍する研究者・技術者が直接指導を行う,本格的な実験や実習主体の科学技術体験合宿プログラムだそうです。

今回の「ウィンター・サイエンスキャンプ」は2008年12月24日〜2009年1月7日の期間中の2泊3日で開催。残念ながら事前の応募・選考があるとのことで今からこれに参加するということはできません。11月12日に締め切ったとのことですので約40日前。次はスプリング・キャンプということになりますが,2008年の開催は3月20〜28日のうちの2泊3日。その前もだいたい3月の最終週くらいに催されてましたので,参加に向け興味のある方は2月の上旬くらいには公式HPで予定をチェックされたらと思います。

バッド(下向き矢印)少しでも“生物愛”を感じた,
 参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー
ラベル:科学 高校
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人