2008年12月22日

『Science』誌 2008科学ニューストップ10

【ニュースな?月曜日】 なんか,不気味にあったかくないですか?
ゆうべなんか,外,ビュービュー風吹いて,
どんな寒いんだと思ったら,部屋の中は何の煖房もつけないのに19℃。
全然寒くもないで,今朝も通勤電車の中汗ダラダラですよ。

さて,話変わって
今日紹介するニュースはこちら。


「iPS細胞研究の成果サイエンス誌のベスト1に」 サイエンスポータル編集ニュース 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル / SciencePortal

当ブログでも再三お伝えし賞讃しておりますiPS細胞の業績が
昨年に続いて年間最高の科学的進歩と評価されたのはうれしいですね。
もちろん,この件がこれだけ高い注目を集め実績を重ねているのは
山中伸弥教授率いる研究チームだけでなく世界中の研究者が
競って研究を積み上げているからであって,その中で来年以降も
日本がトップを走りつづけられるよう,ますますの
発展とそのための支援を切に期待します。

> サイエンス誌が今年の第一位として選んだのは、疾患に罹患した患者の細胞を再プログラミングすることにより細胞株をオーダーメイドで作製するという研究成果。筋萎縮性側索硬化症や1型糖尿病など難病患者の細胞からiPS細胞を作製する技術は、研究が困難であったこれら疾患の機序を解明し、将来的には治療につながる、と同誌は高く評価している。

Scienceが選ぶ2008年科学的進歩ベストテン
―第1位は「細胞の再プログラミング(初期化)」

http://www.sciencemag.jp/highlights.cgi?_issue=139#582

※英語版(会員登録が必要。研究職や学生以外肩身せまい…w)
Science’s Breakthrough of the Year ? Cellular Reprogramming
http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/322/5909/1768

2位以下(The Runners-Up)はこちら↓

Seeing Exoplanets
太陽系外惑星―百聞は一見にしかず
:主星のまぶしい光から惑星のほの暗い光を識別する特殊な望遠鏡技術を用いて、太陽以外の恒星を周回する複数の惑星を直接観測することに初めて成功した。

Cancer Genes
がん遺伝子のリストが拡大
:最も致死率の高い2つのがんである膵臓がんや膠芽腫を含む種々のがん細胞の遺伝子配列が決定されたことにより、細胞分裂の抑制を取り除いて細胞をがん発症へと導く突然変異が多数検出された。

New High-Temperature Superconductors
不思議な新素材
:高温超伝導体は、超高温かつ電気抵抗がゼロの状態で電気を伝導する素材である。2008年、銅酸化物ではなく鉄化合物から成る第2の高温超伝導体が発見され、話題を呼んだ。

Watching Proteins at Work
活動中の蛋白質を観察する
:蛋白質がターゲットに結合して細胞の代謝状態を変え、組織の特性にも関与するという驚くべき観察結果が得られた。

Water to Burn
必要に応じた再生可能エネルギー
:風力や太陽エネルギーといった常時利用可能ではないエネルギー源から生産した余剰電力を、産業規模で備蓄する有望な新しいツールが発見された。比較的容易に入手可能なコバルト・リン触媒は電気を利用して水を分解し、水素を発生させる。その後、水素が燃料電池に貯蔵され電力生産が再び可能になる。

The Video Embryo
胚の映像
:2008年、胚が発生する際の細胞の動きを先例がないほど詳細にわたって観察することに成功した。ゼブラフィッシュの胚を構成する約16,000個の細胞の様子を発生開始から24時間追跡する映像が記録・分析された。

Fat of a Different Color
「良い」脂肪が解明される
:「良い」褐色脂肪を変化させ、「悪い」白色脂肪を燃焼して、身体の熱を産出して筋肉に送り込むこと、また、その逆も可能であることが発見された。本研究は肥満治療への新しいアプローチを提示すると思われる。

Proton's Mass 'Predicted'
世界の重量を計算する
:可視宇宙のほとんどすべての粒子とその相互作用を明らかにする(正確には、どれほどの陽子質量および中性子質量をもっているかを予測する)標準モデルを証明する演算に成功した。

Sequencing Bonanza
より速く、より低コストでゲノムの塩基配列を決定する
:ヒトのゲノム配列決定に用いた最初の方法に比べ、かなり高速で低コストのさまざまな配列決定技術により、体毛の長いマンモスからヒトのがん患者まで多種のゲノム配列が相次いで報告された。


バッド(下向き矢印)少しでも“生物愛”を感じた,
 参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



iPS細胞―再生医療への道を切り開く 人工多能性幹細胞 (ニュートンムック Newton別冊)

ニュートンプレス

→Amazon
日経サイエンス 2009年 01月号 [雑誌]

日経サイエンス

→Amazon
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても参考になりました。また寄らせていただきます。
Posted by すい臓がんの名医 at 2009年01月31日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人