2008年12月17日

Lesson4-01(p15)網膜は昆布だしの香り?

さあ,頑張るぞ!

萌生S1,Lesson4−01も15ページ目。

目のしくみを説明するのにこんな切り口で語った
マンガや教科書がかつてあっただろうか?
いや,ない(反語)。
と思いながら描いてますけど,読んであなたはどう思いますか?

それでは、どうぞ!(^o^)/

<<p1から読む  <<p1〜6をPDFで読む
081217 目の構造(15)-1
081217 目の構造(15)-2
<<最初(p1)から読む  <<前のページ(p14)に戻る  次項有次のページ(p16)へ
<<p1〜6をPDFで読む  <<p7〜12をPDFで読む  <<p13〜20をPDFで読む


グルタミン酸…コンブのうまみ成分。
イノシン酸…かつおぶしのうま味成分。
グアニル酸…しいたけのうま味成分。

まあ,本当にお出汁のにおいがするほどグルタミン酸が出てたら
そこらじゅうの細胞が反応してしまって
伝達物質の役割を果たすどころじゃなくなってしまいますが
視覚が生じるしくみをイメージして理解する
助けにはなるんじゃないかと,描いてみました。

このグルタミン酸が伝達物質として使われる件,
「生物T」の教科書には出てきません。w
大学入試にもこの知識を問われることはまずないでしょう。
ただし,『キャンベル生物学』には出てきますから
国際生物学オリンピックに出題される可能性はありです。

さて,最後のコマで何か気になったような
生物部見習いの森野君,次のページで投げかける
クエスチョンとは?

バッド(下向き矢印)ちょっとでも興味を覚えた,参考になったという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

キャンベル生物学
伊藤 元己,木村 武二,久保田 康裕,中島 春紫,箸本 春樹,野間口 隆,吉野 正巳
丸善
※国際生物学オリンピック公式テキスト
→Amazon
グルタミン酸の科学―うま味から神経伝達まで
栗原 堅三,渡辺 明治,小野 武年,林 裕造
講談社

→Amazon
コーン錐体さんが色の区別がつくのは,桿体さんとどう違うんですか?実は,僕たちは受け取れる色(光の波長)が違う兄弟が3種類いて,その光に誰が強く反応したかで色を見分けるんです。コーン・ブラザーズ青緑赤私は黄色っぽい光のほうが得意なんですけど,赤い光を吸収できるの私だけなんで赤錐体と呼ばれてます。あれ?なんかコンブだしのにおいしね?それは私が出しているグルタミン酸ですね。この伝達物質をボクが感じ取って,視神経に連絡するんですー。400 500 600紫青緑黄橙赤光の波長(nm)青錐体緑錐体赤錐体←光の吸収率持ってるロドプシンが特別だったりとかですか?@光が角膜や水晶体,ガラス体を通って入ってくる。A視物質(ロドプシン)が光を受け取って変化し視細胞が活性化する。B視細胞の層を通過し(余った)光は,色素細胞に吸収される。C視細胞が活性化するとグルタミン酸の放出が止まる。すると連絡の細胞(双極細胞)は興奮したり抑制したりする。D視神経は連絡細胞から受けとった情報を脳に伝える。E大脳の視覚中枢で視覚が生じる。ここ大事。視覚が生じる場は脳(中枢)だ。…ん?Cの連絡細胞,
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人