2008年10月28日

キンメダイの目玉解剖

バナナはね〜,まだ買い込み続けるバカが多いみたいで
(ダイエットなんか効くんかいな?)相変わらず高いですが,一方で,
ミカンはこの1週間でいきなりお求め安くなりましたね〜。

さて,先日Lesson4-01(p10)あなたの目の中のゲル【ガラス体】の中で,
「※次回は,本物のガラス体はどんなものなのか,
 写真をUpいたします。」
と予告したとおり,
ガラス体はおろか水晶体やら虹彩やら眼球の写真盛りだくさんで
お送りしますよ〜。

“眼球の解剖”については,1年近く前,
マグロの冷凍目玉(1個50円♪)でやったことがありますが
今回の材料は,こちら!
キンメダイ 頭


さすがにマグロほどじゃないですが,
でかいわ〜w
キンメダイ 目玉


目玉を取り出すとこう。
色が美しい…。金属光沢みたいな…ねぇ。


キンメダイ 水晶体取出し


で,予告どおりガラス体をば。
角膜や虹彩を切り開いて水晶体を取り出すと

ついてきます。


キンメダイ 目断面


眼球の断面など。
球体というよりはだいぶ奥行きが短くつぶれてますが
多くの魚と同様,キンメダイも体全体が左右に狭いですから
頭もこんなでかい眼球を左右2つとも収める
には,多少つぶれた形でないと無理があったんでしょう。
これでもピントが合うよううまくできてるんでしょうかね?
深くて暗い生みの中,大きくてつぶれた形の眼球でどんな視界があるのか,ちょっと興味あります。


キンメダイ水晶体とガラス体

でね,透明なかたまりの水晶体とか,生の卵白みたいなガラス体とかって,タンパク質じゃないですか。
タンパク質の特徴といえば,なんといっても熱変性ですよね。


と,いうわけで,レンジにかけてみました!

ヴ〜〜〜〜ン…

ボン!

キンメダイ水晶体とガラス体加熱
ものの30秒でこうなりますたw


こんなちょっとのガラス体でこれじゃ,
卵をレンジにかけたりしちゃダメだよな〜。

※少しでも参考になったという方は
 クリックしていただけるとありがたく存じます。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


金目鯛の目はなぜ金色なのか
佐藤 魚水
新人物往来社 (2005/07) 293ページ
マグロはなぜ時速100キロで泳ぎつづけるのか。イワシを食べた養殖魚はなぜB1欠乏症になるのか…。魚のなぞ・ふしぎ81項目を掲載。江戸っ子が飛びついた初ガツオなど、日本人と魚との深い関わりが見えてくる。
→Amazon
ラベル:金目鯛
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:33| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バナナ食べてますよ〜(^^)
1,5キロ位痩せたかな?おかげで止まらなかったズボンのボタンが止まるようになりました。
Posted by 青い風 at 2008年10月28日 10:41
ああ〜,効くんですね。
だから続いて,品薄がおさまらないんですね。

私は今ちょっと体重管理で悪戦苦闘してるとこなんですが
バナナは安くなるまで手を出しません。(^_^)
高くなったといっても1本40〜60円くらいですから,単なる意地なんですけど…。
Posted by ドージマ at 2008年10月28日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人