2008年10月02日

Lesson4-01 目のつくりとはたらき(p5)

10月に入って,電車の中はほとんどが上着を着てる人に
がらっと変わりましたね〜…薄着の自分が思いっきり浮いてる気持ち。
でも,スーツ着たら汗ドボドボにかいちゃうもん,意味ないじゃん。

…さて,萌生S1,Lesson4ー1「目の構造」の話,
いよいよ具体的に目の構造についてやります。
それでは、どうぞ!(^o^)/

<<p1から読む
081002 目の構造(5)-1081002 目の構造(5)-2
<<最初(p1)から読む  <<前のページ(p4)に戻る  次のページ(p6)に進む>>
>>PDFでp1〜6を読む

生物学オリンピック公式参考書『キャンベル生物学』によりますと,角膜corneaは眼球の外側を包む強膜sclera(いわゆる白目)が前方で透明な固定レンズに変わったものと説明されておりまして,強膜はさらに外側を結膜conjunctivaという粘膜で覆われていますが,角膜は結膜で覆われてはおりません。

透明な角膜ですが均一な物質・構造でできているわけではなく,表面から順に,上皮,ボーマン膜,固有質(実質),デスメ膜,内皮の5層で構成されているそうです。このうち固有質〜内皮が細胞でできており,上皮とボーマン膜はコラーゲン繊維でできています。

「眼の構造について」高木眼科病院
http://www.takagiganka.or.jp/sickness/sickness05.html

「眼の構造」
http://homepage2.nifty.com/kaitsuka/oculus.html

バッド(下向き矢印)ちょっとでも面白かった,参考になったという方,
 次のページも読んでやっていいという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



キャンベル生物学
伊藤 元己,木村 武二,久保田 康裕,中島 春紫,箸本 春樹,野間口 隆
丸善
→Amazon

スリット所見で診る角膜疾患80
メジカルビュー社
→Amazon

生物学オリンピック問題集
羊土社
→Amazon
上から下に落ちていってるみたい。上向いてま〜す。今,角膜を通過したとこかしら?さぁ〜,学習マンガらしくなってまいりました〜。角膜はまさに生まれ持ってのコンタクトレンズ。網膜に像を結ぶための光の屈折のうち3分の2は角膜のはたらきとも言われているんだ。光角膜「アイバンク」で移植できるのもこの角膜の部分ですね。目のレンズというと水晶体だと思ってたけど,角膜も重要なんですね。そう思うのも無理はない俺が学生の頃は水晶体の事を「レンズ」と習ったくらいだしな。その水晶体に着いたみたい。
ラベル:アイバンク 角膜
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★からだのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人