2008年09月15日

PDF版Upしているわけですが…どうしましょう

この3連休,帰宅しておりまして
更新はお休みしていたわけですが,今回は帰宅時の生き物ネタは
特になしということで。
※またメダカ4匹と稚魚(おそらくカワムツ)をもらって
 帰ってきましたけどね。小さすぎて写真を出せるほどの
 もんでもないですし。


さて,当ブログ,ここ最近にわかにコメントをいただくことが多くなってきてうれしい限りです。
ことにサイエンス系のニュースを読み込んでおられる方からのメッセージが勉強になってありがたいですね。これまでAFP BBのニュースを貼ったときに同じニュースを引用したブログを見ても,そのニュース関連のエントリーを検索してみても,アホみたいに単純に感心してみせたり,遺伝子工学ネタでここまで科学が進歩してどうなるのか怖いなどとびびってみせるだけの人ばっかりだったりするもので,そのニュースを知っている者には得るものが少ないと虚しい思いをしてたものですから。

で,先日,珍しく当ブログのメインコンテンツである
(あくまでもメインです)漫画に,PDF版Upのリクエストを
いただきまして,『S1』の第2話『Lesson 1-02 細胞の構造』PDFをUp
したわけですが,その件に関連して,いつもお世話になっております
ゆきさんからPDF版の作り方について御質問いただきまして。

コメントへのレスと重複しますが,
私の場合,むしろPDFのほうが先なんですよね。

手で描く(A4の漫画用原稿用紙)→スキャン→Wordと一太郎にスキャンした漫画画像を貼り込み文字を入力→pdf化(ソースネクスト社の『いきなりPDF』)→pc画面上のマンガをキャプチャーしjpgで保存(ソースネクスト社の『スグレモ撮画ツール』)→ブログに張り込みup

最初の半年くらいは試行錯誤を繰り返しましたが,最近はこの工程が定着してます。
しかしまぁ,難点がいくつもあるっちゃあるわけで。
1話のページ数が増えるとむちゃくちゃ重くなる(6,7ページあたりから,PDF化の際「同名のファイルがあります。上書きしてよろしいですか?」が出るまで数分かかる)。
今のブログテンプレートの仕様上,横幅500ピクセル弱までの画像しかUpできない(それ以上は右サイドバーに重なってしまう)のですが,その大きさに合うよう縮小すると細かい部分がつぶれる。

jpegにする時点でどうしてもエッジがぼけるわけですけど,もう少しなんとかならないかという思いは常にあるわけです。どうせ1色なんだしgifとかで保存する方法を探してみた方がいいのかなとか,もっと工程を減らせないかとか。
最初からPCソフトで描いたほうが線も塗り(トーン)もきれいに出るし,一度作ったものが後からも色々と活用できるから早く始めたほうがいいんだろうなと思いつつも,タブレットでまともな絵を描けるようになるまで練習する時間が惜しい…それよりは1ページでも現実のものとしてUpしたい(安くないソフト代が無駄に終わらないという保証もないですし。本人の努力次第とはいえ)と逡巡ジュンジュンしてるうちに幾年月。

はるかに効率よく(ゼロから1時間程度で)きれいな漫画をUpされてる人も多いのでもっと研究しないといけないですね。


バッド(下向き矢印)それはそれとして,早く続きを描けとおっしゃっていただける方,
 応援クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)
手塚 治虫
光文社 (1996/07) 500円
※この本,1977年初版の光文社カッパホームズ版を親が買ってきてくれまして,当時つけペンがどんなものなのかも知らなかった小学生の私はこの本で述べられていたことを実際に応用するってことは全然なかったのですが,マンガ独特の作画表現とかキャラの立て方,ストーリーの組み立て方など今読み返しても手塚先生の熱いメッセージが伝わるすごく充実した内容です。
このアイテムの詳細を見る
ラベル:漫画を描く
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人