2008年08月11日

news◇あくびは犬にも伝染る?!

朝日新聞,あなどれねぇ…

人のあくび、飼い犬にも伝染 日本人研究者が発表
人のあくび、飼い犬にも伝染 日本人研究者が発表2008年8月10日8時0分 (asahi.com)

 人のあくびが犬に伝染することが実験で確かめられた。あくびの伝染は人やチンパンジーの間で報告されているが、人と犬では初めて。ロンドン大学の千住淳研究員(心理学)らが英科学誌バイオロジー・レターズに発表した。「飼い犬は人に共感する能力を備えているのかも」と話している。

 実験は、飼い主の家など、犬が落ち着ける場所で行った。飼い主以外の人が5分間犬と一緒にいて、目があったら声を出してあくびをした。その結果、29匹のうち21匹が1回以上のあくびをした。あくびと同じような口の動きだけでは1匹もあくびをしなかった。人から犬へのあくび伝染のメカニズムについては研究が必要という。

 動物は、思いがけない相手と遭遇したときにあくびをすることがある。研究チームは「その可能性も否定しきれない」としつつも「つられあくびが犬と人のコミュニケーションに役立っている可能性がある」と指摘している。(行方史郎)


これは,今年度のイグノーベル賞受賞まちがいなしですね。
ペット(コンパニオンアニマル)など動物との付き合い方の
モラルやルール整備については欧米に遅れをとっている
感のある我が国ですが,もともとヒトも自然の一部として
共生する文化をもつアジア圏の一員。
過去にはバウリンガルの発明で同賞を受賞するなど,
動物と仲良くしたいと思う気持ちや実行力では
人間が動植物の上に立ち支配するという文化の欧米圏より
上なのかもしれませんね。

※少しでも面白かった,興味深かったという方は
 クリックしていただけるとありがたく存じます。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記
モニカ ディードリッヒ
たま出版

→Amazon
イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手!
マーク・エイブラハムズ
阪急コミュニケーションズ

→Amazon
ラベル:ペット 科学
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記
Excerpt: ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-07-05 02:21
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人