2008年08月05日

Study8−教科書から消えたナリアたん(p6)

プラナリアといえば再生。
再生といえばプラナリア。
6ページ目にしていよいよ切断実験の話に入ります。

ではどうぞ(^o^)/

<<p.1から読む
第08話−p6-1
第08話−p6-2

<<前のページ(p5)から読む  次項有次のページ(p7)へ>>

プラナリアの再生能力については次のページでも
とりあげます。

バッド(下向き矢印)ちょっとでも面白いと思った人,参考になったという方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

分子生物学講義中継〈Part3〉発生・分化や再生のしくみと癌、老化を個体レベルで理解しよう
井出 利憲
羊土社

→Amazon
さてさて,プラナリアといえば切断実験やんないとはじまらんよな。むん!りょ,猟奇!軟体動物虐殺事件…※扁形動物は軟体動物とは別物だよまたつまらぬ物を斬ってしまった…誰がつまらんもんじゃコラ!プラナリアはいくつかの断片に切断してもそれぞれ欠けた部分を補って,もとと同じ個体に再生するんだ。プラナリアは頭→尾の軸に沿った勾配(極性)があって,各断片が頭と尾を再生する向きは決まっているのね。再生芽再生芽断片が薄くて勾配が小さいと両側に頭が再生することも
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人