2008年07月21日

国際生物学五輪2008inインド結果速報!

生物五輪IBO2009_banner
昨日,20日は
国際生物オリンピック「IBO2009」の国内予選
「生物チャレンジ」の1次テストの日でしたが,
このほどインドで1週間かけて行われた国際生物オリンピック本戦
「IBO2008」が21日に終了,金メダルこそなかったものの
4人の代表選手全員がメダル獲得,
昨年の「銀1・銅3」から一歩前進という成果に終わりました。

去年の結果→国際生物学オリンピック2007inカナダ速報(2007年07月24日)

国際生物学五輪、高校生の日本代表が銀3個、銅1個
世界の高校生が生物学分野の知識と思考力を競う「国際生物学オリンピック」が20日までインド・ムンバイで開かれ、日本代表4人が銀メダル3個、銅メダル1個の好成績を収めた。
 今大会は55か国・地域の計220人が参加し、8日間の日程で理論・実験問題に挑んだ。上位6割の優秀者は成績順に金(23人)、銀(47人)、銅(65人)の各メダルを受け取った。
 国内受賞者は次の通り(敬称略)。▽銀=千葉県立東葛飾高3年・内海邑(うちうみ ゆう…17)、筑波大学付属駒場高3年・海老沼五百理(えびぬま いほり…17)、麻布高2年・大河原健太郎(おおかわら けんたろう…16)▽銅=福井県立藤島高3年・水野俊一郎(みずの しゅんいちろう…17)
(2008年7月20日18時30分 読売新聞)

※名前の読みがなはJBOの公式ページよりブログ主が追記

さすがに世界の精鋭が集う国際生物五輪,
日本勢が上位1割に食い込むことは今年もかないませんでしたが
3人が上位3割,残る1人も上位6割に入ったということで
確実に前進し,来年の日本開催(つくば)へよい成果を
あげたと言えるのではないでしょうか。

識字率など教育レベルが高く人口も多いとはいえ
参戦の歴史が長い国々に比べるとまだまだ挑戦者の立場で
あることは否定できない現実。
去年の1次選考受験者が1322名ということで,
これが少なくとも1ケタ多く,裾野が広がってほしいですね。
1300人てことは全国50の試験場で平均26人,
1クラスに満たない人数というのはちょっとさびしい。
1ケタという都道府県会場もあっただろうと想像されますもんね。

日本代表全員が数学五輪で金銀銅、「化学」は全員が銅(読売ONLINE)
 数学(6人)…金2・銀3・銅1
   /97か国・地域から535人出場〜スペイン
 化学(4人)…銅4
   /66か国・地域から257人出場〜ハンガリー

物理(第5回・ベトナム)は7月20〜29日の開催です。
 昨年のイラン大会では金2・銀2・銅1という快挙を成し遂げましたが
 今年も頑張ってほしいですね。
 全国物理コンテスト 物理チャレンジ 公式ページ
   http://www.phys-challenge.jp/index.html

※少しでも面白かった,興味深かったという方は
 クリックしていただけるとありがたく存じます。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

ついに発売!公式問題集
生物学オリンピック問題集

羊土社(2008/05) 1,680 円(税込)
※問題を解くためのヒントや基礎知識が充実、大会参加者はもちろん、これから生物学を学んでみたいという方にもオススメの1冊!
羊土社だけに,見やすさわかりやすさは折り紙付きです。

→Amazon
◆参考図書(IBO推薦)
キャンベル生物学

木村 武二,久保田 康裕,中島 春紫,箸本 春樹,野間口 隆
丸善 (2007/3/24) 1540ページ

→Amazon

※レベルもお値段もハイクラス!! 世界の精鋭たちとわたり合うにはこれくらいが必要か…生物方面に進学される人はこれ買っておけば大学の専門課程まで十分使えます。
ラベル:IBO 国際科学五輪
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人