2008年06月19日

【問題集】『サブノート生物1』改訂

  
必修サブノート生物1 改訂版
大森 徹
旺文社
→Amazon
木原アイコン
文科省の学習指導要領改訂を控え,問題集や参考書会社各社も次の制度への対応を睨み,現制度の教材については発行に慎重になっていくことが予想されるんだけど(発刊しても使える年数が限られてくるからな),逆にいえば次制度への対応に切り替える前の今が現制度対応教材を出すラストチャンスということで文英堂『理解しやすい』が改訂されたり,学研が『マイベスト』シリーズを出してきたりしているな(生物はないけど)。
【参考書】高校生物2強体制に新勢力?!(2008年05月18日)

で,このブログでの最初の参考書・問題集関連記事で紹介した旺文社『サブノート生物1』がこの春改訂されたので,お知らせしておきたいと思う。


Z会「参考書の参考書」を斬る(1) サブノートvs必修整理ノート (2007年03月27日)

改訂で変わったことはおもに次の3点。
・8ページ増
・2色印刷の2色目が青から赤になった。
・単元の始まりの部分のデザインが新しくなった。


といったところかな。
色が変わっただけでだいぶ印象は変わったけれど
教材としての本質的なところは前と同じなので
評価は据え置きというところで,前回の書評を参考にしてもらえればと思う。


…あれ?「必修」なんて言葉,書名についてたっけ?
改訂前の「書き込んで作る参考書」というフレーズも
どこやらの教材をほうふつとさせるものだったけど…
何をベンチマークしてるというか,どこをライバル視してるか
わかりやすいなw
…と思ったりするのは考えすぎかな?



※改訂前↓
  
サブノート生物I―書き込んで作る参考書
旺文社
→Amazon
  
生物Iの必修整理ノート
文英堂
→Amazon
  数研ゼミノート生物1
新課程 自分でつくる参考書 ゼミノート生物 1
数研出版
→Amazon


バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人